書籍検索結果 詳細表示

書名

老年看護学 Vol.7 No.2

筆頭著者

日本老年看護学会学会誌編集委員会・編

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33278-1

発行年

2003年3月

判型 / 頁数

B5判 / 144頁

分類

臨床看護/診療科・疾患/老年看護・認知症

価格

定価(本体2,500円+税)

内容

日本老年看護学会発行のわが国唯一の老年看護学術誌。今回は第7回学術集会シンポジウム「情報社会における老年看護の可能性」「老年看護援助方法と効果性の追究」の2つを掲載。痴呆性高齢者に関する原著3本,慢性病をもつ高齢者の性に関する原著が1本,そのほか「研究ノート」3論文,「実践報告」1論文も収録。

目次

【日本老年看護学会第7回学術集会特集】
会長講演「老年看護方法論の確立をめざして」(太田喜久子)
シンポジウムA「情報社会における老年看護の可能性」
(座長:深谷安子,森田夏実 シンポジスト:大川加世子,中村哲生,水谷信子,宮川祥子)
シンポジウムB「老年看護援助方法と効果性の追求」
(座長:水野敏子,堀内ふき シンポジスト:田中靖代,田高悦子,武田和典)
【原著】
痴呆症高齢者に対する新たなグループケアプログラムの開発
―セッションの場で起きたこと,引き出された力―(平林美保,水谷信子)
痴呆高齢者の摂食困難の改善に向けた環境アレンジメントによる効果(山田律子)
痴呆性高齢者の家族介護時間の特性―家族介護主担者の時間的様相―(原等子,中島紀恵子)
慢性病をもつ高齢者の性に関する看護師の認識,感情と援助への行動意図との関係
(小松浩子,野村美香,高見沢恵美子,南川雅子,岡光京子,伊藤恵美子)
【研究ノート】
在宅痴呆性高齢者のニーズをもとにしたアセスメントの留意点(沖田裕子,中田康夫)
阪神・淡路大震災被災高齢者の語りにみる生活力量形成過程と影響要因
―恒久住宅に住む一人暮らし高齢者を対象に―(中山貴美子)
高齢者の介護施設における看護職・介護職の連携・協働に関する認識
(柴田(田上)明日香,西田真寿美,浅井さおり,沼本教子,原祥子,中根薫)
【実践報告】
痴呆性高齢者の生活史構成とそのケアへの活用の試み(六角僚子)