書籍検索結果 詳細表示

書名

「排泄学」ことはじめ

筆頭著者

排泄を考える会・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-33294-1

発行年

2003年8月

判型 / 頁数

B5判 / 208頁

分類

臨床看護/診療科・疾患/皮膚・排泄ケア

価格

定価(本体2,600円+税)

内容

経験ある援助者は知っている。「おしも」の問題が解決したとき,患者さんのQOLが飛躍的に向上することを。排泄ケアこそ専門領域を超えた連携・協力・研鑽が必要だと考える先駆者たちによる,臨床感覚あふれる「超」実践書。最前線は,ここにある。

目次

「排泄学」ことはじめ-序にかえて(本間之夫)
第1部 排泄のメカニズムとその問題
 1 尿と便はどうやってできるのですか?
 2 尿と便の「色」や「におい」にはどのような異常がありますか?
 3 尿と便はどのようにしてためられるのですか?
 4 尿と便はどうやって出てくるのですか?
 5 ためたり出したりする調節はどの神経がやっているのでしょうか?
 6 その他の排泄の問題にはどんなものがありますか?
 7 症状が我慢できれば,排泄の問題は放っておいてもいいですか?
 8 排泄問題にアプローチするときの基本は何ですか?
第2部 事例編
 1 尿と血液と便が一緒に出てくる
 2 漏れているけど諦めちゃいました
 3 腟が下がって尿漏れと便秘に
 4 お風呂でびっくり! 知らないうちに便が出ている
 5 特養ではどこまでできる?
 6 肥満で動けないからオムツ
 7 24時間「おしっこ!」コール
 8 中学校で導尿するなんてイヤだ
 9 メーリングリスト上で相談した事例
 10 下半身がいうことをきかない
 11 寝たきり患者の排便に振り回される
 12 足がつっぱり自己導尿できない
 13 便意を感じたとたんに激しく出てしまう
 14 立ち小便の重さ
 15 排尿後にズボンが濡れる
索引
あとがき(西村かおる)