書籍検索結果 詳細表示

書名

精神科看護の展開 ―患者との接点をさぐる

筆頭著者

外間邦江・他著

その他著者等

外口 玉子 著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-34618-4

発行年

1967年4月

判型 / 頁数

A5判 / 144頁

分類

臨床看護/診療科・疾患/精神看護

価格

定価(本体1,000円+税)

内容

精神疾患患者の訴えをいかに受けとめればよいか、その受けとめ方の違いが患者にどのような影響を与えるか、観察と判断のポイント、記録のポイントなど、看護者が患者の行動の意味を理解することの重要性と、看護者としての理解のしかたを、具体例をあげてわかりやすく説明する。精神科勤務ナースの必携書。

目次

第I章 患者の問題行動にとう取り組むか
 ねらい
 1. 暴力行為をする患者の看護
 2. 訴えや要求の多い患者の看護
 3. 自殺企図のある患者の看護
 4. 幻覚・妄想をもつ患者の看護
 5. 閉じこもり,なにもしようとしない患者の看護 他
第II章 患者を看護する過程
第III章 精神科看護のポイント
 1. 患者をどうみるか
 2. 患者はどんな援助を望んでいるか 他