書籍検索結果 詳細表示

書名

看護事故を予防する ―その視点とアセスメント事例集

筆頭著者

土屋八千代・他編

出版社名

医歯薬出版

ISBNコード

ISBN978-4-263-23416-7

発行年

2003年5月

判型 / 頁数

B5判 / 146頁

分類

基礎看護/看護管理・看護教育/看護管理・経営学

価格

定価3,080円(本体2,800円 税10%)

内容

総論では看護事故の背景と原因について,看護基礎教育から臨床における問題点まで,実践研究の成果と豊富な臨床経験に基づいて考察し,簡潔に整理.各論では臨地実習や臨床現場で起こりうる看護事故を場面ごとに紹介し,回避の視点や,予測と対応などを具体的に提示.看護事故予防を考える決定版!

目次

【総論1.看護事故の背景と現状】 事故にかかわる基礎教育における問題点 臨床における事故の背景と要因 【総論2.看護事故防止対策】 基礎教育におけるとりくみ 臨床現場におけるとりくみ 【各論1.臨地実習で起こりうる看護事故とその予防】 <母性・小児看護>CASE1.沐浴 CASE2.新生児・初産婦ケア <成人・老年看護>CASE1.パーキンソン病患者 CASE2.脳血管障害患者 CASE3.手術直前後の患者 【各論2.臨床現場で起こりうる看護事故とその予防】 CASE1.術後に起こりやすい事故 CASE2.しびれなどの症状から起こりやすい事故 CASE3.医療機器操作で起こりやすい事故 CASE4.緊急場面に遭遇したとき起こりやすい事故 CASE5.理解力が不足していることから起こりやすい事故 【各論3.現場で起こりうる看護事故およびヒヤリ・ハット例】 転倒・転落 与薬 ME・機器 熱傷 検査 患者誤認 輸血 カテーテル類 小児の看護事故およびヒヤリ・ハット例 【医療・看護事故MEMO】 診療録など記録の記載留意点 患者はなぜ訴えるのか 医療安全管理委員会の設置義務について 医療を受ける権利という視点 高額化する医療訴訟 医療事故件数の推計 窒息について 事故を起こした関係者へのフォロー  思わぬ医療事故 保健師,助産師,看護師の行政処分の考え方について 救急医療の現状と課題 医療事故訴訟(特に民事訴訟)の現状 【巻末コラム:関連情報へのアクセス】