雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

診断と治療

出版社

診断と治療社

巻・号

2002年 10月号 Vol.90 No.10 (2002年 10月発行)

特集

日常診療における大腸癌 ― 癌死ゼロを目指して

定価

本体2,300円+税

URL

http://www.shindan.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

1.大腸癌の発見から治療まで…………………………高橋信一
2.成因と分類
 1)大腸癌の疫学とリスクファクター……………福井信・他
 2)大腸癌理解のための病因,病態について
   -ade-noma-carcinoma sequenceとde novo型発癌-
                   ………市原隆夫・他
 3)診断に必要な大腸癌の分類…………………須田浩晃・他
 4)LST(laterally spreading tumor)の最新知見
                   ………倉橋利徳・他
3.診断法
 1)大腸癌検診の有効性をめぐって…………………多田正大
 2)大腸癌検査の進め方の実際………………………櫻井幸弘
 3)大腸癌のX線診断……………………………藤谷幹浩・他
 4)大腸癌の通常内視鏡検査…………………………小山元一
4.治療と術後ケアなど
 1)早期大腸癌に対する内視鏡治療……………小林清典・他
 2)大腸癌の外科的治療…………………………味村俊樹・他
 3)大腸癌の術後ケアの実際……………………横山 登・他
 4)大腸癌の予防法………………………………加藤 忠・他
5.診断治療の最先端
 1)大腸hyperplastic polyp, serrated adenomaの臨床意義
  -発癌母地としての新しい概念を中心に-…佐野 寧・他
 2)Virtual Endoscopyにおける大腸腫瘍の診断
                   ………三浦正剛・他
 3)大腸癌腹腔鏡下手術の実際………………長谷川博俊・他
◆特集関連シリーズ「基礎から臨床へ」
 ユビキチン・プロテアソームシステムと癌…………千葉智樹
■ATLAS SERIES「心と肺の臨床-52」
 心肺蘇生(CPR)2002-一般市民が使える自動体外式除細動器
 (AED)を加える常識- ……………………………関口守衛・他
■臨床医のための治療薬剤Q&A …………………………松宮輝彦
■基本的臨床能力への招待-17
 小外科への招待[1] ………………………………徳山秀樹・他
■糖尿病学のあゆみ-8
 糖尿病の診断(その3)-ADA(1997),WHO(1998)の新しい糖尿病
 診断基準と問題点-……………………………………小坂樹徳
■糖尿病外来ちょっと一息-15
 ふるさと性糖尿病って??………………………………難波光義
■綜説
 スタチン系薬とPPAR………………………………井上郁夫・他
■第350回国際治療談話会
 -エビデンスに基づく診断と治療(その4)-
 紹介………………………………………………………石橋長生
 感想
  なぜ株式を買わないのか……………………………土田正顕
  慢性うっ血性心不全の治療とEBM ………………半田俊之介
  循環器領域でのポストゲノム時代の最適個別診療
                   ……………永井良三