雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

整形・災害外科

出版社

金原出版

巻・号

2003年 4月臨増号 Vol.46 No.5 (2003年 4月発行)

特集

脊椎脊髄外科のすべて ― この10年何が進歩したか

定価

本体6,200円+税

URL

https://www.kanehara-shuppan.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

《特 集》脊椎脊髄外科のすべて―この10年何が進歩したか―(編集:国分正一)
■疫 学
手術頻度からみた脊椎・脊髄疾患の変遷―14年間の手術登録から…田中靖久
■症候学
脊髄病変の高位診断―上位頸髄から円錐部まで…清水敬親
■診 断
脊椎外科領域における3D-CT,3D-MRI…西岡栄恵
脊髄の電気生理学的診断―運動誘発電位と脊髄誘発磁界…川端茂徳
■治療法
高齢者の脊椎手術…谷 俊一
脊椎instrumentationの変遷…鈴木信正
T-sawの脊椎外科手術への応用…川原範夫
後方進入による脊柱短縮術とその応用…国分正一
鏡視下脊椎手術の現況と未来…夏山元伸
Navigation systemの現状と未来…星地亜都司
■頸椎疾患
頸椎棘突起に付着する筋を切離しない椎弓展開法とその応用…白石 建
Brooks法とMagerl法―Os odontoideumとRAの頸椎手術適応と成績…伊藤達雄
頸部神経根症に対する顕微鏡下後方椎間孔拡大術…住田忠幸
術後C5髄節麻痺の病態と対策…永田見生
頸部脊髄症に対する椎弓形成術―術後可動域制限と軸性疼痛の軽減の試み…長谷川匡一
頸椎椎間板ヘルニアに対する椎弓形成術―前方除圧固定術との比較…岩崎幹季
頸椎椎弓根スクリュー固定―頸椎再建における新展開,問題点と展望…鐙 邦芳
■胸椎疾患
胸髄症における各種脊柱変性因子とそれぞれの手術法…佐藤哲朗
特発性脊髄ヘルニア…相澤俊峰
■腰椎疾患
腰椎椎間板ヘルニアの自然吸収―基礎と臨床…波呂浩孝
発育期腰椎終板の成長軟骨障害に関する最近の知見…加藤真介
腰椎嚢腫様病変―その診断と治療法…持田讓治
腰椎変性すべり症に対するケージを用いたPLIF…宮本 敬
Microendoscopic discectomy(MED)法とその適応…吉田宗人
■脊柱変形
特発性側弯症とメラトニン…町田正文
特発性側彎症の胸腔鏡視下instrumentation…江原宗平
変性側彎症に対する術式選択と注意点…野原 裕
■脊椎・脊髄損傷
中・下位頸椎・頸髄損傷の診断と治療…河野 修
胸腰椎損傷の診断と治療-新しい視点…種市 洋
骨粗鬆症性胸腰椎圧迫骨折による脊髄圧迫麻痺の手術療法…税田和夫
Kyphoplastyとvertebroplastyの現状と未来…松崎浩巳
■炎症性疾患
脊椎カリエス今昔…柴崎啓一
化膿性脊椎炎の診断と治療…小久保安朗
RA脊椎の治療戦略…石井祐信
透析性脊椎症の診断と治療…久野木順一
■脊椎腫瘍
原発性脊椎腫瘍の診断と治療…南 昌平
転移性脊椎腫瘍に対する外科的治療の現況…徳橋泰明
Total en bloc spondylectomyと最近の成績…村上英樹
仙骨切断術と仙骨摘出術…島田洋一
■脊髄腫瘍
脊髄腫瘍―片側椎弓切除でどこまで摘出可能か…小澤浩司
髄内腫瘍の診断と治療…中村雅也