雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

小児科

出版社

金原出版

巻・号

2002年 4月別冊 Vol.43 (2002年 4月発行)

特集

小児科の日常診療でどのような時その薬を使うのか ― 無用・有害な与薬をさけるために

定価

本体5,000円+税

URL

https://www.kanehara-shuppan.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

■一般症状
頭痛と鎮痛薬…佐々木征行
頭痛とジアゼパム…佐々木征行
片頭痛と片頭痛治療薬…榊原洋一
嘔吐と鎮吐薬…澤 文博
便秘と下剤…飴本完二・名木田 章
起立性調節障害・低血圧とジヒデルゴット…浅井利夫
口内炎・口角炎とビタミン…玉井 浩
熱性痙攣と抗痙攣薬…前川喜平
熱性痙攣と解熱薬…前川喜平
■感 染 症
かぜと解熱薬…武内可尚
かぜと抗菌薬…武内可尚
インフルエンザと抗ウイルス薬…堤 裕幸
単純ヘルペス1型,2型および水痘帯状疱疹ウイルスと抗ウイルス薬…諸岡正史・浅野喜造
創傷と破傷風抗毒薬・破傷風トキソイド…東 和明・小池 薫
にきびと抗菌薬・アルコール清拭…斉藤隆三
急性胃腸炎(細菌性・ウイルス性)と止痢薬…山中龍宏
急性胃腸炎(細菌性・ウイルス性)と抗菌薬・鎮吐薬…山中龍宏
サルモネラ症と抗菌薬…中村 明
腸管出血性大腸菌感染症(O157も含め)と抗菌薬…城 宏輔
BCGリンパ節炎と抗結核薬…岡田賢司
■アレルギー
アトピー性皮膚炎とステロイド外用薬…竹下弘道・古江増隆
アトピー性皮膚炎と内服ステロイド薬…竹下弘道・古江増隆
アトピー性皮膚炎と抗アレルギー薬…竹下弘道・古江増隆
アトピー性皮膚炎とタクロリムス軟膏…竹下弘道・古江増隆
気管支喘息発作とステロイド吸入…鈴木五男
気管支喘息発作とステロイド内服薬…鈴木五男
気管支喘息発作とβ刺激薬静注…鈴木五男
気管支喘息発作間歇期とステロイド吸入・内服…鈴木五男
気管支喘息非発作時とテオフィリン,β刺激薬…鈴木五男
食物アレルギーの予防と抗アレルギー薬…大柴晃洋
食物アレルギーとステロイド薬…大柴晃洋
食物アレルギーと抗アレルギー薬…大柴晃洋
湿疹(非アトピー性)とステロイド外用薬…山本昇壯
蕁麻疹と抗アレルギー薬…山本昇壯
蕁麻疹とステロイド薬…山本昇壯
■神 経
顔面神経麻痺とビタミン剤…宮尾益知
顔面神経麻痺とステロイド薬…宮尾益知
意識障害と脳浮腫除去薬…水口 雅
意識障害と脳代謝賦活薬…水口 雅
夜尿症と尿失禁治療薬…帆足英一
夜尿症とDDAVP点鼻療法…帆足英一
自閉症にみられる多動に対する薬剤…羽鳥誉之・堀口寿広・加我牧子
AD/HDとメチルフェニデート…関 あゆみ・小枝達也
チックとハロペリドール,ピモジド…野村芳子
遺尿症と三環系抗うつ薬…星加明徳・飯山道郎・中島周子・中嶋光博
夜驚症とベンゾジアゼピン系薬物…諸岡啓一
■呼吸器・循環器
未熟児無呼吸発作とキサンチン製剤…水野克巳
呼吸器疾患と鎮咳薬…吉田 豊
肺炎と気管支拡張薬…荒川浩一・森川昭廣
本態性高血圧と降圧薬…内山 聖
川崎病とステロイド薬…鈴木奈都子・泉田直己
川崎病とウリナスタチン療法…泉田直己
感染性心内膜炎と予防内服…小川俊一
■消 化 器
胃十二指腸潰瘍とヒスタミン受容体拮抗薬・プロトンポンプ受容体阻害薬…鈴木僚子・友政 剛
胃十二指腸潰瘍とHelicobacter pyloriの除菌…鎗田由紀子・清水俊明・山城雄一郎
肥厚性幽門狭窄症と硫酸アトロピン療法…鎗田由紀子・清水俊明・山城雄一郎
クローン病とステロイド…小林昭夫
潰瘍性大腸炎とステロイド…小林昭夫
慢性肝炎と漢方薬…田尻 仁
C型肝炎とインターフェロン…藤澤知雄
■腎・泌尿器
糸球体腎炎,ネフローゼ症候群と柴苓湯…飯島一誠
尿路感染症と抗菌薬予防内服…土屋正己
亀頭包皮炎・陰門腟炎と抗菌薬…松山 健
■血 液
好中球減少症(続発性を含め)とG-CSF,予防的抗菌薬…安井耕三
鉄欠乏性貧血と鉄剤…安井耕三
特発性血小板減少性紫斑病とステロイド薬…藤沢康司
特発性血小板減少性紫斑病と免疫グロブリン製剤…藤沢康司
血管性紫斑病とステロイド薬…金子一成
血管性紫斑病と第XIII因子製剤…金子一成
出血と輸血…小原 明
■免 疫
小児特発性関節炎とステロイド薬…横田俊平
小児特発性関節炎とDMARD(SAARD)…横田俊平
低γ-グロブリン血症(IgG↓2↓欠乏症を含む)と免疫グロブリン製剤…関口幸男・上松一永
■代 謝
高脂血症と抗高脂血症薬…岡田知雄
■耳 鼻 科
鼻副鼻腔炎とマクロライド療法…飯野ゆき子
反復性耳下腺炎と抗菌薬…吉原俊雄
突発性難聴とステロイド薬…佐野光仁
■眼 科
アレルギー性結膜炎とステロイド薬…野村耕治
アレルギー性結膜炎と抗アレルギー点眼薬…山田裕子
流行性角結膜炎とステロイド薬…片上千加子