雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

助産雑誌

出版社

医学書院

巻・号

2002年 8月号 Vol.56 No.8 (2002年 8月発行)

特集

第26回ICMウィーン大会

定価

本体1,200円+税

URL

http://www.igaku-shoin.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

ICMのミッション・ステートメント,ICMの目的
第26回ICMウィーン大会プログラム
ICMの組織・役員
ICM加盟国・加盟団体,第26回ウィーン大会参加国
先進諸国の一員として日本がICMでになう役割
松岡 恵
■外国人インタビュー/聞き手・本誌
世界の家族のために助産師と女性が力を合わせて
マリア・シュプンバウアー
世界の助産師をつなぐ“橋”として
ネスター・モヨ
芸術の街ウィーンを飾った助産のアート 第26回ICM大会を開催して
クラウディア・シャッハナー/ドロテア・ルーブ
ニュージーランドの助産師は,女性の声です。助産師自律への道筋
サンディ・グレイ
トリニダード・トバゴ助産師協会誕生のスピリット
ヴィーナス・マーク/デボラ・ルイス
女性の声を届けるために
ベトナム助産師協会の歩みとこれからの展望
ファン・ティ・ハン
2005年,美しいブリスベンが皆さまをお迎えします
キャロライン・ウィーバー
■日本人参加記
I'm a Midwife! 助産婦であることの幸せに酔いしれたICM大会
佐藤香代
助産婦の心を肌で感じた瞬間
武藤香子
初めてのICM大会への旅で得た刺激とよろこびと
近藤好枝
3年後も平和にICM大会を迎えたい
岩本美佐子
オーストリアの助産施設とマタニティケア
見学ツアー参加記
横手直美・信國寿美

●クローズ・アップ
「小さな国の助産師が世界をつなぎました」 マリア・シュプンバウアーICM会長
●カラーグラフ/第26回ICMウィーン大会
●ICMの助産師の定義
●ICMウィーン大会日本人発表演題一覧
宮崎雅子カメラマンのICMウィーン大会点描
宮崎雅子
●ICMによる助産師の将来ヴィジョン
●第26回ICM国際評議会での決定事項
山本あい子
●次回開催予告
第27回ICM大会はオーストラリアの東海岸美しいブリスベンで 3年後に世界の助産師よ,集まろう
●ICMトピックス
日本看護協会助産師職能が「男性助産師と助産実践」をテーマに講演会を開催
宮崎文子