雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

手術

出版社

金原出版

巻・号

2002年 5月号 Vol.56 No.5 (2002年 5月発行)

特集

胃癌の標準手術手技

定価

本体2,300円+税

URL

https://www.kanehara-shuppan.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

《特 集》胃癌の標準手術手技
進行胃癌に対する標準的D2郭清…山口俊晴
進行胃癌に対する腹部大動脈周囲リンパ節郭清の手術手技と注意点…梨本 篤
早期胃癌に対する幽門保存胃切除術…山崎左雪
早期胃癌標準術式としての“D2”郭清を伴う自律神経温存幽門保存胃切除術…二宮基樹
早期胃癌に対する腹腔鏡下胃内手術…谷口英治
胃癌に対する標準手技としての鏡視下胃切除術…松本純夫
上部早期胃癌に対する標準的な噴門側胃切除術…鈴木孝雄
食道浸潤を伴う上部進行胃癌に対する手術…宇田川晴司
胃全摘術後再建法…阪 眞
胃再建術における標準的pouch作製法…野口 剛
■手術手技
肝後区域肝細胞癌に対する鏡視下肝切除術…稲垣 均
新しい肝区域概念に基づいた肝S5 切除…趙 明浩
腹腔鏡下胆嚢摘出術における安全かつ簡便な術中胆道造影法…柳澤 暁
Transanal endoscopic microsurgeryにおける新型スコープの開発…酒井憲見
輸送遅延型慢性便秘症例に対する回腸直腸吻合術…富田凉一
■臨床研究
腹腔鏡下胆嚢摘出術における術中胆道損傷の検討…太田 仁
■手術手技研究会記事
漏れない,塞らない再建手術の工夫・その4―漏れたり,塞ったりした時はどうしよう―…今岡真義
奨励研究発表…今岡真義
■手術症例報告
腹膜偽粘液腫における減量手術と抗癌薬腹腔内投与の有効性…鍛 利幸
Letton and Wilson術式を施行したIIIa型膵損傷の1例…黒田直樹
巨大後腹膜悪性線維性組織球腫の1切除例…川野陽一
進行性膀胱癌に合併した腹部大動脈瘤2例の手術経験…岸本幸一
ポリアクリル酸ナトリウムによる難治性小腸瘻管理の経験…井上茂章
腸結核による回腸穿孔性腹膜炎の1例…橋本邦夫
径5および7mm大の双頭性Is様高分化型進行癌の1例…斉田芳久