雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

産婦人科の実際

出版社

金原出版

巻・号

2002年 9月号 Vol.51 No.9 (2002年 9月発行)

特集

再発再燃卵巣癌の診断と治療

定価

本体2,400円+税

URL

https://www.kanehara-shuppan.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

《特 集》再発再燃卵巣癌の診断と治療( 企画:寒河江 悟 )
卵巣癌の初回治療後の経過観察ならびに地固め療法(consolidation chemotherapy) の必要性…進伸幸
腫瘍マーカーによる再発再燃卵巣癌の診断…石岡伸一
再燃・再発卵巣癌における治療効果の予測…紀川純三
卵巣癌初回化学療法の変遷―プラチナ製剤からタキサン製剤への変遷の歴史―…大西義孝
進行卵巣癌再発再燃での化学療法
 ―単剤,ホルモン剤もふくむ―…杉山徹
 ―タキサン製剤とトポイソメラーゼ阻害剤について―…礒西成治
表層上皮性卵巣癌における大量化学療法とその意義…平澤猛
進行卵巣癌におけるSLO の意義…渡部洋
進行,再発卵巣がんに対する手術療法と放射線療法…藤原恵一
進行卵巣癌再発再燃時における手術の意義について…清水敬生
進行卵巣癌再発での開発中の新薬の臨床試験…山中康弘
再発再燃卵巣癌に対する分子標的療法…安達 進
■今日の話題
男性不妊患者のAZF遺伝子群欠失に対するmultiplex PCR―スクリーニング検索法の診断効率―…末岡浩
■診 療
Long protocolにおける卵胞刺激開始時期の重要性―開始日の遅延は着床率を上昇させる―…正岡 薫
子宮頚癌合併妊娠の管理―その管理方針と妊娠継続・妊孕能温存の適応について―…石原尚徳
ATP後妊娠におけるインフォームド・コンセント…和田恵子
■臨床経験
常位胎盤早期剥離の待機療法の経験…中井祐一郎
■症 例
子宮内膜細胞診で多数の線毛細胞が認められた子宮体癌の1症例…岩本豪紀
海外文献紹介…札幌医科大学産婦人科
 妊娠25週未満の重症妊娠中毒症:母体と新生児の予後
 BRCA1またはBRCA2の遺伝子突然変異保有者に対する予防的卵巣摘出術