雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

産科と婦人科

出版社

診断と治療社

巻・号

2002年 7月号 Vol.96 No.7 (2002年 7月発行)

特集

多胎妊娠 ― 予後の改善をめざして

定価

本体2,400円+税

URL

http://www.shindan.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

1.多胎妊娠発生のメカニズムと頻度……………正岡直樹・他
2.多胎妊娠の母体に及ぼす影響…………………松田義雄・他
3.双胎妊娠・分娩管理
 1)双胎膜性診断と妊娠初期の管理…………………柳原敏宏
 2)中期以降の双胎妊娠の管理…………………梁 栄治・他
 3)双胎間輸血症候群(TTTS)の診断と管理…木村芳孝・他
 4)双胎一児死亡によるリスクと管理………………末原則幸
 5)双胎経腟分娩のリスクと管理………………竹田 省・他
4.三(品)胎以上の妊娠の問題点………………稲森美香・他
5.多胎新生児のリスクと予後……………………宇賀直樹・他
6.多胎児育児の問題点と支援体制……………………堀内 勁
■婦人科救急医療のABCシリーズ
子宮腫瘍の急性病変…………………………………谷口一郎・他
■女性内科シリーズ
産婦人科診療における慢性膵炎…………………………西野博一
■産婦人科と医療事故 11
説明義務………………………………………………寺浦康子・他
●Essay 生殖おもしろ話 19
排卵期のLHsurgeの調節因子GnSAF/IF …………………廣井正彦
●Essay 生物としてのヒトを考える 4 
ヒトの生殖周期……………………………………………高橋迪雄
●Essay ミューズの病跡学 43
ガイズ病院研修医 ジョン・キーツ………………早川 智・他
■症 例
胎児超音波検査で異常を指摘され,出生後に腸管重複症と
診断された1例 ………………………………………丹羽慶光・他
術前診断し得た子宮留膿腫穿孔による急性汎発性腹膜炎の3症例
                   ………庄子忠宏・他
■薬剤の臨床
生薬より製した桂枝挟苓丸の非エキス化製剤「TK-061」
                   ………荻田幸雄・他
執筆者紹介
お知らせ