雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

CLINICAL NEUROSCIENCE

出版社

中外医学社

巻・号

2003年 2月号 Vol.21 No.2 (2003年 2月 1日発行)

特集

神経疾患と分子病態モデルをめぐるトピックス

定価

本体2,700円+税

URL

http://www.chugaiigaku.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

[メインテーマ]神経疾患と分子病態をめぐるトピックス

酸化的ストレス障害
 SOD1トランスジェニックマウスにおける遺伝子発現パターン  石垣診祐 他
 SOD1トランスジェニックマウスにおけるミトコンドリアDNA障害  塩手美冬 他
 SAM老化マウスの網膜神経障害  大平明弘

代謝性障害
 Sandhoff病モデルにおける神経生存障害  三五一憲
 Niemann-Pick病C型での神経細胞死  二宮治明
 カテプシンDノックアウトマウスにおけるライソソームの蓄積  内山安男

細胞骨格関連蛋白の異常と蓄積
 タウントランスジェニックマウス  池田将樹
 Charcot-Marie-Tooth病の分子医学とKif1B欠失マウス  滝田順子 他
 α-シヌクレイントランスジェニックfly  北見聡章 他

髄鞘障害
 DNA12欠損とオリゴデンドロサイト発達障害  高井俊行
 髄鞘障害モデルマウス  山本洋一 他

運動失調
 Shaking Rat Kawasakiにおける運動失調とその解剖学的基盤  寺島俊雄
 プリオン病の病態モデルマウスにおける運動失調  調  漸 他
 Rolling mouse NagoyaにおけるCa2+チャンネルの異常と運動失調  福井義浩 他
 α-tocopherol転移タンパク遺伝子欠損マウスにおける遅発性運動失調症  横田隆徳 他

情動・行動障害モデルマウス
 ヒスタミンとストレス反応  遠藤雅俊 他
 NMDA受容体サブユニット遺伝子改変マウスにおける  宮本嘉明 他
  モノアミン作動性神経系の異常
 セロトニントランスポーターノックアウトマウスの解析  酒井規雄
 セロトニン受容体ノックアウトマウス  石浦章一
 オレキシンとナルコレプシー  桜井 武

モデル動物と脳血管障害因子
 脳障害阻止応答としてのCREBリン酸化  北川一夫
 Peg 3/Pw 1の脳虚血におけるp53依存性神経細胞死への関与  遠藤正彌
 脳虚血障害における一酸化窒素と活性酸素の役割  山下智也 他

モデル動物と治療戦略
 MTPT毒性モデルにおける遺伝子治療  望月秀樹 他
 Krabbe病モデルマウスにおける遺伝子治療  乾 幸治

[連載]
手術のための脳局所解剖学  海綿静脈洞の概念
 (2) 海綿静脈洞壁・骨膜-硬膜腔内組織の構造  馬場元毅 他
臨床に必要な神経化学
 α-シヌクレインによる神経細胞死 (2)  岩田 淳 他
システム神経生理学  オレキシン神経
 (2) ナルコレプシーとオレキシン2受容体  有田秀穂
脳のゲノム・遺伝子研究の最先端
 ゲノムライブラリーの作成と評価  田代康介
臨床医のための神経病理
 乾燥硬膜移植後Creutzfeldt-Jakob病  木村成志 他
イラスト--クリニカルテクニック
 経口腔頸部血管超音波検査  矢坂正弘
Neuroimaging Quiz  高橋 弘
標準治療と最新治療 --メリット・デメリット
 くも膜下出血  久保慶高 他
冠名徴候  Brudzinski徴候  高橋 昭
ミニレビュー
 中枢シナプス伝達とカルシウムチャネル  籾山俊彦
原著を探る  ネマリンミオパチー  調 輝男
人物往来  大熊輝雄先生  高橋清久
Q&A  びんぼうゆすりの生物学的意味はどのようなものか  五嶋良郎