雑誌検索結果 詳細表示

雑誌名

日本臨牀

出版社

日本臨牀社

巻・号

2002年 11月号 Vol.60 No.11 (2002年 11月 1日発行)

特集

病院感染対策の進歩 ― 最新研究動向と展望

定価

本体2,500円+税

URL

http://www.nippon-rinsho.co.jp/

著作権管理

JCOPY

目次

☆カラー図説:感染源・感染経路究明とパルスフィールドゲル電気泳動法
序:病院感染に関する歴史変遷と展望
総 論
欧米における病院感染対策の概要
米国のNNISと日本病院感染疫学調査システムの設立意義
本邦における病院感染診療ガイドライン策定の動向
本邦におけるICD,ICN誕生と期待
病院感染発症要因に関する最新知見
Compromised host
医療関係者の保菌・感染
輸液・輸血器具汚染
病院感染予防対策
病院感染制御チーム
消毒・滅菌ガイドライン
抗菌薬使用ガイドライン
血液・体液曝露予防
病院感染原因病原体
MRSA,VRE
緑膿菌
セラチア
アシネトバクター
レジオネラ
結核菌
インフルエンザウイルス
B型,C型肝炎ウイルス
病院感染症の臨床事項
血流感染
呼吸器感染症
尿路感染
手術部位感染
新生児感染
薬剤・ワクチン開発研究
抗耐性菌薬開発研究動向
ワクチン開発研究動向
特 論
病院感染対策とコストベネフィット
綜説シリーズ―現代医学の焦点(244)
肝細胞癌に対する新治療法の開発研究