JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

へるす出版

種別

書籍

書名/特集名

救急隊員による疾病の観察・処置の標準化 PEMECガイドブック2017

著者等

日本臨床救急医学会

分類

臨床医学系/救急医学

ISBNコード

978-4-89269-919-1

発行年月

2017年2月

判型 / 頁数

B6 / 184

定価

本体2,000円+税

内容

PEMECは既に普及しているJPTECを内因性の疾病に当てはめたもの。また、PCEC、PSLSへ移行する起点となるもである。

目次

I イントロダクション

1 PEMECの位置づけ
2 PEMECとPCEC,PSLS,JPTEC
3 PEMECの概略
4 PEMECと緊急度判定体系

II PEMECアルゴリズム

1 概 要
2 Step 1:状況評価
3 Step 2:初期評価
4 Step 3:情報収集およびバイタルサインの測定
5 Step 4:判 断
6 Step 5:全身観察/重点観察
7 Step 6:評価・ファーストコール・特定行為
8 Step 7:車内活動

III 状況評価

1 119番通報
2 感染防御
3 携行資器材の確認
4 現場確認,安全確認
5 傷病者数の確認,応援要請の要否
6 外傷の除外

IV 初期評価と処置

1 初期評価
2 気道・呼吸の評価と処置
3 循環の評価と処置
4 意識障害の評価と処置
5 体温の評価

V 情報収集およびバイタルサインの測定

1 情報収集
2 バイタルサインの測定

VI 判 断

1 PSLSへ移行する場合の判断基準
2 輸液プロトコルの適応
3 ブドウ糖投与プロトコルの適応

VII 全身観察/重点観察

1 頭部の観察
2 顔面の観察
3 頸部の観察
4 胸部の観察
5 腹部の観察
6 意識レベルの評価と神経所見の観察

VIII 評価・ファーストコール・特定行為

1 評 価
2 ファーストコール
3 医療機関の選定

IX 車内活動

X チームワーク

1 ブリーフィング
2 役割分担と再配分
3 リーダーシップ
4 コミュニケーション
5 デフュージングとデブリーフィング

XI 症候別各論

 PEMECのシナリオシミュレーション

 1.痙 攣
 2.頭 痛
 3.めまい・ふらつき
 4.しびれ・麻痺
 5.呼吸困難
 6.動 悸
 7.胸 痛
 8.背部痛
 9.腰 痛
 10.血尿・側腹部痛
 11.固形異物誤飲
 12.悪心・嘔吐
 13.腹 痛
 14.喀血・吐血
 15.下 痢
 16.下血・不正性器出血