JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

へるす出版

種別

書籍

書名/特集名

高度実践看護 ―統合的アプローチ

版数

1

著者等

監訳:中村美鈴/江川幸二

分類

基礎看護/看護管理・看護教育/看護教育

ISBNコード

978-4-89269-928-3

発行年月

2017年7月

判型 / 頁数

A4 / 708

定価

本体9,800円+税

内容

原著「Advanced Practice Nursing:An Integrative Approach」は、わが国の看護大学院教育においても多くの支持を得ており、高度実践看護のバイブル的存在となっています。米国においては1996年に初版が刊行され,その後,4~5年ごとに改訂がなされ,2014年に第5版が刊行されています。本書は同書の初の邦訳刊行です。

目次

PART I 高度実践看護の歴史的および発展的側面

第1章 米国における高度実践看護師の歴史的概要
第2章 高度実践看護の概念化
第3章 高度実践看護の定義
第4章 高度実践看護師の役割開発
第5章 高度実践看護への発展的かつ革新的な取り組み
第6章 高度実践看護の国際的発展

PART II 高度実践看護のコンピテンシー

第7章 直接的臨床実践
第8章 ガイダンスとコーチング
第9章 コンサルテーション
第10章 エビデンスに基づく実践
第11章 リーダーシップ
第12章 コラボレーション
第13章 倫理的意思決定

PART III 高度実践の役割:高度実践看護の操作的定義

第14章 専門看護師
第15章 プライマリケアを担うナースプラクティショナー
第16章 急性期看護ナースプラクティショナー
第17章 認証看護助産師
第18章 認証麻酔看護師

PART IV 高度実践看護環境に重要な要素

第19章 事業計画と医療費償還機構
第20章 マーケティングと交渉
第21章 法的規制,法律,資格認証要件の理解
第22章 変化する環境における健康政策課題
第23章 高度実践看護のアウトカムとパフォーマンス改善に関する研究の動向
第24章 実績と患者アウトカムの評価および改善のための医療情報技術の活用