JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

文光堂

種別

書籍

書名/特集名

運動療法としてのピラティスメソッド ―アスリートに対する実践的プログラミング

著者等

近 良明/監修

分類

臨床医学系/スポーツ医学、運動器

ISBNコード

978-4-8306-5185-4

発行年月

2017年11月

判型 / 頁数

B5変型 / 250

定価

本体3,800円+税

内容

運動療法とコンディショニングの視点からピラティスを活用し,機能解剖学や運動学などの医学的根拠に基づいてピラティスのアプローチやプログラム作りを解説している.

目次

PART I ピラティスとその周辺領域
 1 ピラティスとは−歴史と日米の現状−
 2 医師に学ぶ運動療法としてのピラティスの可能性
 3 アスレティックトレーナーにとってのピラティス
 4 ピラティスにおける呼吸が体幹機能に与える影響
 5 モーターコントロールの観点から捉える運動療法としてのピラティス
PART II 部位別・疾患別ピラティスの進め方
 1 肩・肘関節
 2 体 幹
 3 股関節
 4 膝関節
 5 足関節・足部
PART III 実践プロトコル編−ピラティスの応用
 1 ウォームアップとウォームダウンとしてのピラティス
 2 陸 上−長距離
 3 野 球
 4 サッカー
 5 バスケットボール
 6 バレーボール
 7 テニス
 8 バドミントン
 9 ラグビー
 10 柔 道
 11 ゴルフ
 12 ダンス