JMPA会員出版社 新刊・好評書

表紙画像

出版社

全日本病院出版会

種別

書籍

書名/特集名

髄内釘による骨接合術―全テクニック公開,初心者からエキスパートまで―

著者等

渡部欣忍 白濵正博 野々宮廣章 井上尚美 最上敦彦 /編

分類

臨床医学系/整形外科学

ISBNコード

978-4-86519-221-6

発行年月

2017年5月

判型 / 頁数

変形A4 / 246

定価

本体10,000円+税

内容

本邦屈指のネイラーが伝授する手技やコツ・ピットフォールや合併症の対策まで、豊富な写真やイラストで丁寧に解説。
さらには、髄内釘の歴史から近年海外で発表された特殊ネイルの紹介まで、とことん「髄内釘による治療」にこだわりました。
「教科書」と「参考書」、一冊二役の必携本です!

目次

Ⅰ 総 論
1.髄内釘固定法とは
 1)髄内釘固定の歴史 櫻井 敦志
 2)髄内釘固定のバイオメカニクス 渡部 欣忍
 3)髄内釘固定法の基本手技

整復(ブロッカーピン,モノコルティカルプレート,創外固定を含む)・ガイドワイヤー挿入・リーミング,横止めスクリュー固定のコツ
寺田 忠司
 4)髄内釘固定法の合併症 寺田 忠司
Ⅱ 新鮮骨折に対する髄内釘の実践テクニック
1.大腿骨骨折に対する髄内釘固定
 1)大腿骨転子部骨折 福田 文雄
井上 尚美
  ① ヒップネイルの基本手技
  ② 正確な整復位を獲得するためのコツ
  ③ 粉砕骨折に対するヒップネイルのコツ
 2)大腿骨転子下骨折 松村 福広
  ① 体位,整復法
  ② ピットフォールとその対策
 3)大腿骨骨幹部骨折 白濵 正博
 4)Infra-isthmal fractureに対する髄内釘固定 野田 知之
  ①Infra-isthmal fractureのピットフォール
  ②Infra-isthmal fractureを上手に固定するコツ
 5)大腿骨顆部・顆上骨折に対する髄内釘固定  安原 良典
  ① 何に注意してどんなインプラントを用いるか?
  ② どこまで治せるか?
  ③ 代表的逆行性髄内釘の特徴と今後の可能性
 6)大腿骨頚基部骨折に対するcephalomedullary nailの応用 徳永 真巳
2.脛骨骨折に対する髄内釘固定
 1)脛骨骨幹部骨折 正田 悦朗
  ① 単純な骨折に対する基本手技:体位,エントリーポイント
  ② 応用編:分節骨折・粉砕骨折に対する髄内釘固定
 2)脛骨近位部骨折:関節内および関節近位1/3 野々宮廣章
  ① 何に注意してどんなインプラントを用いるか?
  ② どこまで治せるか?
 3)脛骨遠位部骨折(ピロン骨折を含む) 最上 敦彦
  ① 何に注意してどんなインプラントを用いるか?
  ② どこまで治せるか?
3.上腕骨骨折に対する髄内釘固定
 1)上腕骨近位端骨折 井上 尚美
  ① 髄内釘の適応となる骨折型
  ②2-part骨折に対する髄内釘骨接合術の基本手技
  ③3-part骨折,4-part骨折に対する髄内釘骨接合術の基本手技
 2)上腕骨骨幹部骨折 櫻井 敦志
最上 敦彦
  ① 順行性髄内釘の基本手技:体位,整復法
  ② 分節型骨折,粉砕骨折に対する髄内釘固定
  ③ 腱板疎部(RI:rotator interval)アプローチによる順行性髄内釘固定法
 3)上腕骨遠位部骨折 寺田 忠司
野々宮廣章
  ① 何故,ネイルを使うか?
  ② どうすれば固定できるかの理論と実践
  ③ 経肘頭アプローチ
4.前腕骨骨折に対する髄内釘固定
 1)橈骨骨折(遠位端・近位端)に対する髄内釘固定 岩部 昌平
  ① 橈骨遠位端骨折に対する髄内釘固定
  ② 橈骨近位端骨折に対する髄内釘固定
 2)前腕骨骨幹部骨折に対する髄内釘法 岩部 昌平
高畑 智嗣
5.鎖骨骨折に対する髄内釘固定
 1)経皮ピンニングの手技 野々宮廣章
6.小児下肢骨折に対するelastic nail固定―小児大腿骨骨幹部骨折に対するEnder nail法― 中澤 明尋
7.特殊症例に対する困ったときのEnder法 中澤 明尋
高畑 智嗣
8.手・足部の骨折に対する髄内ピン,髄内整復法
野々宮廣章
9.開放骨折に対する髄内釘固定:治療戦略 松村 福広
10. 番外編 猟奇的髄内釘の数々 二村謙太郎
Ⅲ 癒合不全・感染の治療:実践テクニック
1.遷延癒合・癒合不全(偽関節)に対する治療 渡部 欣忍
2.深部感染・骨髄炎に対する治療 松村 福広

索 引