書籍検索結果 詳細表示

書名

臨床研修実践マニュアル

筆頭著者

奈良信雄・編

出版社名

南江堂

ISBNコード

ISBN978-4-524-23515-5

発行年

2004年1月

判型 / 頁数

A5判 / 650頁

分類

臨床医学系/診断学

価格

定価(本体6,800円+税)

内容

2004年度から臨床研修が必修化される.初期研修を受ける研修医のために,最低限習熟しておくべき知識と技能をコンパクトにまとめた.診察法,検査法,治療手技,救急処置といった基本的事項のほか,緊急を要する疾患・病態,頻度の高い症状,Common Diseasesについて,図表を多用して,実践的に解説.幅広い基本的臨床能力が身につき,日常診療で頻繁に遭遇する疾患・病態に適切に対応できる研修医・臨床実習生必携の書.

目次

【主要目次】
第1章 医療記録の書き方
1 診療録(カルテ)
2 処方箋の書き方
3 指示簿の書き方
4 診断書の書き方
5 紹介状と報告書

第2章 基本的診察法
1 医療面接
2 全身の診察
3 バイタルサイン
4 心音の聴診
5 呼吸音の聴診
6 腹部の診察
7 直腸診
8 乳房の診察
9 産婦人科的診察
10 外陰部泌尿器の診察
11 神経学的診察
12 眼の診察
13 耳鼻・頸部の診察
14 四肢・脊柱の診察
15 皮膚病変の診察
16 新生児の診察
17 乳幼児の診察
18 育児相談・乳児健診

第3章 基本的検査法
1 尿検査
2 便検査
3 血球検査,凝固線溶検査
4 血液型判定・交差適合試験
5 心電図検査
6 動脈血ガス分析
7 生化学検査・酵素
8 免疫血清学的検査
9 呼吸機能検査・スパイロメトリー
10 細菌(真菌)学的検査・薬剤感受性検査
11 髄液検査:髄液採取
12 病理検査
13 内視鏡検査
14 心臓超音波検査
15 腹部超音波検査
16 単純X線検査
17 造影X線検査
18 CT検査
19 MRI検査
20 核医学検査
21 神経生理学的検査(脳波と誘発電位)

第4章 基本的手技
1 気道確保,挿管手技
2 採血法
3 注射法
4 穿刺法
5 導尿法
6 浣腸
7 ドレッシング(ガーゼ)交換
8 ドレーン・チューブ類の管理
9 胃管の挿入と管理
10 局所麻酔法
11 皮膚および創部の消毒法
12 簡単な切開・排膿
13 皮膚縫合法
14 包帯法
15 軽度の外傷・熱傷の処置

第5章 基本的治療法
1 療養指導
2 薬物療法
3 輸液
4 輸血
5 血液製剤
6 食事療法
7 運動療法
8 経腸栄養法
9 中心静脈栄養法(TPN)
10 血液浄化療法

第6章 救急処置
1 バイタルサインの把握
2 重症度および緊急度の把握(判断)
3 心肺蘇生術の適応と実施
4 小児救急疾患と処置

第7章 経験すべき症状・病態
◆緊急を要する疾患・病態
意識障害/脳血管障害/ショック/高血圧性脳症/急性心不全/急性冠不全/急性呼吸不全/急性腎不全・尿閉/急性感染症/急性腹症/急性消化管出血/急性中毒/外傷/熱傷/誤飲,誤嚥/アナフィラキシー/流産,早産,正期産/精神科領域の救急
◆頻度の高い症状
頭痛/めまい/胸痛/腹痛/腰痛/関節痛/歩行困難/四肢のしびれ/発熱/体重減少,体重増加/痙攣発作/失神/全身倦怠感/リンパ節腫脹/食欲不振/便通異常(下痢,便秘)/嘔気,嘔吐/嚥下困難/胸やけ/息切れ・呼吸困難/咳・痰/動悸/浮腫/脱水・電解質異常/血尿/失禁・排尿異常/不眠/発疹,かゆみ/結膜の充血/鼻出血/聴力障害,耳鳴り/黄疸/嗄声/尿量異常

第8章 Common Diseases
循環器疾患
呼吸器疾患
消化器疾患
血液疾患
腎疾患
内分泌疾患
代謝疾患
神経疾患
膠原病・アレルギー疾患
感染症
精神疾患・心身医学
眼科疾患
耳鼻科疾患
整形外科疾患
皮膚科疾患
泌尿器科疾患
婦人科疾患
小児科疾患

付録
・医師の届出義務
・感染症新法における感染症の分類
・伝染性疾患の登校停止期間
・予防接種法
・厚生労働省特定疾患
・各疾患診断基準
・改訂長谷川式簡易痴呆スケール(HDS-R)
・介護保険
・臨床検査基準値
・コンピューター画面での処方オーダー時の注意点

コラム
・重症急性呼吸器症候群(SARS)
・西ナイル熱(West Nile Fever)
・診療報酬
・DNAチップ

略語一覧

索引

国内医学会のホームページリンク集