書籍検索結果 詳細表示

書名

染色体異常の出生前診断と母体血清マーカー試験

筆頭著者

佐藤孝道・編著(虎の門摘院産婦人科部長)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-242-0

発行年

1996年4月

判型 / 頁数

B5判 / 120頁

分類

臨床医学系/産科婦人科学

価格

定価(本体4,300円+税)

内容

少産の傾向が強まるに一致して高齢妊娠による出生前診断が増加し、最近は特に母体血清マーカー試験が普及してきている。出生前診断は個々の婦人やカップルが妊娠・出産に際して必要な情報を得るためのものであり、計画して分娩に望めるようにするためのものである。この目的を実現するためには、十分に吟味されたカウンセリングとインフォームド・デシジョンが不可欠である。本書ではそうした立場から何が惰報として提供されなければならないかを中心に記載した。