書籍検索結果 詳細表示

書名

認知運動療法講義

原著者

フランカ・パンテ

筆頭著者

宮本省三・編

出版社名

協同医書出版社

ISBNコード

ISBN978-4-7639-1037-0

発行年

2004年3月

判型 / 頁数

B5変型判 / 220頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価(本体4,000円+税)

内容

本書は,イタリアの「神経認知リハビリテーションセンター」セラピスト養成部門の主任も務めるベテラン・セラピストによる3年間にわたる来日講義を集成し,その要点を編集したものである.

認知運動療法の理論的な基盤,臨床の方法,そして最新の研究テーマまでを筋道たててわかりやすく解説した本書は,認知運動療法のもっとも正統的な入門書である.

同時に本書は,ひとりのセラピストが神経生理学や認知心理学の基礎知見をいかにして自分の具体的な臨床の場で再構築してきたかというその歩みを具体的に語ったものであり,セラピストがセラピストに向けて伝えうるもっとも真剣で,可能性に満ちたメッセージである.

目次

講義[1]道具としての認知理論
講義[2]認知運動療法の基本概念
講義[3]片麻痺の機能回復
講義[4]認知運動療法における運動イメージの使用
講義[5]失行症に対する認知運動療法
講義[6]小脳障害に対する認知運動療法
講義[7]整形外科疾患に対する認知運動療法
講義[8]患者の意識経験を探る