書籍検索結果 詳細表示

書名

リハビリ医の妻が脳卒中になった時

筆頭著者

長谷川幸子・他著(日本医科大学付属病院婦長)

その他著者等

長谷川 幹

出版社名

日本医事新報社

ISBNコード

ISBN978-4-7849-6150-4

発行年

1999年3月

判型 / 頁数

A5判 / 160頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価(本体1,800円+税)

内容

大学病院婦長が脳卒中に。脳卒中のリハビリ医である夫は,医師として,家族としてみつめ,励ます。さまざまな人に支えられて復職にこぎつける。脳卒中の新しいリハビリ・看護書。

目次

第1章 入院記録(要旨)

第2章 脳の解剖と脳卒中の主症状

  脳の解剖と機能役割

  脳血管の解剖

  脳卒中の主な症状

第3章 発症から

第4章 玉川病院でのリハビリ

第5章 脳卒中患者の看護活動と看護基準

 脳卒中の急性期の看護ポイント

 医療の質保証と質改善

 看護の質の保証

 口腔ケアの過程基準作成のプロセス

 看護の質の保証と基準の関係

第6章 患者の自立への働きかけ

第7章 退院後の生活-患者・家族の心理

 病院生活と自宅生活の相違

 自己決定とは

 患者の心理

第8章 生活リズムの確立

第9章 地域交流に向けて

第10章 事 例

 事例1 54歳女性(右片麻痺例)

 事例2 45歳男性(失語症,失行症,右片麻痺例)

 事例3 59歳男性(左半側空間無視,左身体失認,病態失認,左片麻痺例)