書籍検索結果 詳細表示

書名

知覚をみる・いかす ―手の知覚再教育

筆頭著者

中田眞由美・他著

出版社名

協同医書出版社

ISBNコード

ISBN978-4-7639-2109-3

発行年

2003年7月

判型 / 頁数

B5判 / 158頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価(本体3,200円+税)

内容

知覚障害に対する具体的な治療方略を得るための思考の流れがわかりやすくまとめられ,すぐさま臨床への応用が可能となるように編集された,すべての臨床家のための実践の書である.

手の知覚障害と動作障害の関係,そしてそれぞれの障害の実態について説明されており,それらに対する治療的なアプローチの視点が詳しく解説されている.関連する体性感覚の神経生理学的な基礎知識についても,身近なトピックスを掲げてそれに解答するスタイルで記述されている.

リハビリテーションにおいて必須となる,知覚機能を調べるための系統立った検査方法が丁寧に解説されるとともに,その意義や結果の解釈まで十分に理解できる構成となっている.知覚障害の部位と特徴についても詳述されている.

感覚・知覚障害に対する治療的な方略とそれを踏まえた症例についても具体的に解説されており,基本的な知識の確認から臨床応用までの道筋をたどることができる.

目次

I章 手の知覚障害と動作障害
     探索・識別機能の障害
     手のかまえの障害
     把握動作の障害
     物体を移動させる機能の障害
     運動調節機能の障害
     防御知覚の障害

II章 体性感覚の神経生理学的基礎
     身体に加えられた外力はどのようにして感じるのか?
     触られた部位はどのようにしてわかるのか?
     触覚刺激の強弱はどのようにしてわかるのか?
     指に加えられた2箇所の刺激はどのようにして識別することができるのか?
     粗さはどのようにして識別できるのか?
     把握した物体の形態はどのようにして識別できるのか?
     物体を把握するときの手のかまえはどのように決められるのか?
     容器の中から物体を取り出すにはどのような知覚情報が必要か?
     重さはどのようにして判定しているのか?
     どのようにして侵害刺激から身体を守っているのか?
     温度覚はどのように生じるのか?

III章 知覚の評価
     Mobergのピックアップ検査
     母指探し試験
     静的触覚の検査
     動的触覚の検査
     局在の検査
     2点識別の検査
     痛覚の検査
     温度覚の検査
     固有感覚の検査

IV章 知覚障害の部位と特徴
     体性感覚障害はどうして生じるのか
     部位別にみた知覚障害の分布

V章 知覚のリハビリテーション
     末梢神経損傷に対する知覚のリハビリテーション
     中枢神経障害に対する知覚のリハビリテーション