書籍検索結果 詳細表示

書名

脊髄損傷 ―日常生活における自己管理のすすめ (第2版)

筆頭著者

德弘昭博・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-24395-7

発行年

2001年6月

判型 / 頁数

A5判 / 252頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価(本体3,400円+税)

内容

脊髄損傷の患者が自立して社会復帰し,日常生活を送るために,どういう点に注意し,どう取り組んだらよいかをわかりやすく説いた患者・家族のための本。改訂にあたっては,初版の枠組みを踏襲しつつ,公的介護保険などの新しい制度や医学的・技術的進歩を十分に取り入れて,具体的に解説した。

目次

I 脊髄損傷とは
 1. 脊椎と脊髄
 2. 脊髄損傷と脊髄性麻痺
 3. 脊髄性麻痺の合併症
II 日常生活上の注意点
 日常生活での基本的注意事項
 1. スキン・ケア(皮膚の管理)
 2. 排尿の管理
 3. 排便の管理
 4. 体温の調節
 5. 呼吸器の感染症
 6. 筋肉の異常緊張
 7. 自律神経の障害
 8. 性機能の障害
III 身体の機能を維持するには
 1. 関節の運動
 2. 筋肉の力
 3. 体力
 4. 歩行用装具
IV 車いす
 1. 車いすとクッションの支給制度
 2. 車いすに乗るまで
 3. 車いすの種類
 4. 車いすの基本構造
 5. 車いすの性能(安全性と走行性)
 6. 車いすの手入れ
 7. 車いす用クッション
V 社会での自立
 1. 自助具,装具,生活援助危機など
 2. 家屋改造,住宅設備
 3. 自動車の運転
VI 社会福祉制度
 1. 社会福祉制度への窓口-MSW
 2. 社会保障制度の知識
 3. 身体障害者福祉法によって受けられる援助
 4. 介護保険
 5. 年金の制度
 6. 施設についての知識
VII 職業復帰
 1. 職業復帰の形
 2. 制度についての知識
VIII 社会活動への参加
 1. 障害者の団体
 2. 障害者のスポーツ団体
 3. 交通機関の利用
IX 食事と栄養
 1. 一般的な注意点
 2. 脊髄損傷の人が注意すべきこと
X よく使われる薬剤と副作用
 服薬に際して
 1. 筋弛緩薬
 2. 排尿障害に使われる薬剤
 3. 排便調節に使われる薬剤
 4. 皮膚・粘膜の殺菌消毒に使われる薬剤
 5. 局所麻酔薬・潤滑薬として使用される薬剤
 6. 褥瘡治療に使われる薬剤
 7. 性機能障害者に使われる薬剤
XI 健康管理
 1. 定期的な健康のチェックが必要な理由
 2. 定期的にチェックが必要な項目
XII 自己管理の知識のチェックリスト
 チェックリスト