書籍検索結果 詳細表示

書名

失行・失認の評価と治療 (第3版)

原著者

Barbara Zoltan

筆頭著者

河内十郎・監訳

その他著者等

河内 薫 訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-24397-1

発行年

2001年6月

判型 / 頁数

B5判 / 216頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価(本体3,800円+税)

内容

脳血管障害や頭部外傷に伴う視覚障害,知覚障害,認知過程の障害の評価法と治療技術について,これまでの研究や臨床経験をふまえてわかりやすく解説した。理論面についても,患者のリハビリテーション全般にかかわる視点から包括的に述べている本書は,この領域に関心のあるすべての人の必読の書である。

目次

第1章 評価と治療の理論的背景
第2章 評価の諸問題
第3章 視覚情報処理技能に関連した障害
第4章 失行症
第5章 身体図式障害
第6章 視覚弁別技能障害
第7章 失認症
第8章 見当識,注意,記憶
第9章 実行機能障害
第10章 失計算
第11章 患者の視覚,知覚,認知に影響を及ぼす諸要因
第12章 視覚,知覚,認知のリハビリテーションにおけるコンピュータの利用