書籍検索結果 詳細表示

書名

作業の科学 Vol.2

筆頭著者

作業療法関連科学研究会・編

出版社名

協同医書出版社

ISBNコード

ISBN978-4-7639-2090-4

発行年

2001年3月

判型 / 頁数

A4判 / 110頁

分類

リハビリテーション/作業療法

価格

定価(本体3,500円+税)

内容

本シリーズは,精神科作業療法における対象者の行動特性を客観的な指標を用いて評価することにより,治療の進め方や治療効果に対する科学的な基準の確立を提言するものである.本シリーズの中核は,対象者の行動特性や,作業療法を通じての行動変化を数量的に捉える作業方法論(方法論;Methodology)の提示にある.それに加えて毎巻,作業療法に隣接する学問領域から人間の作業や行動のメカニズムを捉え,論じた関連科学論文も掲載している.今回はシリーズの第2巻にあたり,作業方法論としては第1巻の「段通」に引き続いて新しい種目「つづれ織り」の方法論を掲載した(第2部 作業方法).「第1部 作業療法関連論文」では薬理行動学,人間行動学,精神医学の3つのフィールドから作業療法関連論文を収録した.「第3部 研究と応用」では,作業方法「段通」によって得られたデータをもとに精神分裂病者の行動特性や手指の運動特性について考察を行った.

目次

第1部 作業療法関連科学
作業療法の科学[2]
Interdisciplinary Approach to Occupational Therapy of Psychotic Patients
精神分裂病の捉え方の変遷-概念・処遇・治療の変遷-
医療の中の行動学

第2部 S.I.R.W.O.T.の作業療法
作業種目-つづれ織り-

第3部 研究と応用 [STUDY AND APPLY]
段通作業の作業量からみた精神分裂病の特徴
歪みゲージによる段通作業における示指の動きの分析