書籍検索結果 詳細表示

書名

クライエント中心の作業療法 ―カナダ作業療法の展開

原著者

Mary Law

筆頭著者

宮前珠子・他監訳

出版社名

協同医書出版社

ISBNコード

ISBN978-4-7639-2099-7

発行年

2000年6月

判型 / 頁数

B5判 / 200頁

分類

リハビリテーション/作業療法

価格

定価(本体3,800円+税)

内容

「クライエント中心の作業療法」は,カナダ作業療法士協会によって体系化された概念であり実践の技法である.カナダと同様,障害の慢性化,高齢化,保健医療制度の変動によって医療のあり方が問われるなか,日々の実践の基盤をどこにおくべきか.その一つの答えが本書にある.はたして真の「クライエント中心」とはいかなるものか.クライエントとの協業により達成されるその治療効果はもちろんのこと,結果的にはそれがコスト面でも優れた方法であることがわかる.概念提示も明解であるが,症例をまじえて個々の場面における適用の仕方を具体的に示すことによって,理解しやすく実践に応用できるものとなっている.「クライエント中心」の技法は,作業療法のみならず,これからのすべての保健医療専門職が標榜し挑戦すべきものであるといえる.

目次

第1章 クライエント中心の作業療法

第2章 クライエント中心の実践は違いを生むか?

第3章 変化する保健医療制度におけるクライエント中心の実践

第4章 クライエント中心の作業療法:カナダの経験

第5章 クライエント中心の作業療法プロセス

第6章 クライエント中心の作業療法における評価

第7章 作業療法過程にクライエントを引き込むこと:治療計画を一緒に作る

第8章 クライエント中心の作業療法:協業によるプランニング・責任ある介入

第9章 クライエント中心の作業療法:倫理とアイデンティティ