書籍検索結果 詳細表示

書名

音声生成の科学 ―発声とその障害

原著者

Ingo R. Titze

筆頭著者

新美成二・監訳

出版社名

医歯薬出版

ISBNコード

ISBN978-4-263-21142-7

発行年

2003年4月

判型 / 頁数

B5判 / 296頁

分類

臨床医学系/リハビリテーション医学(医師対象)

価格

定価(本体6,600円+税)

内容

音声生成に関する世界的定本の翻訳書. 発声はコミュニケーションや自己表現など,生活の質を高めるために大切な働きをしている.本書は音声生成を理解するために必要な,喉頭の解剖から始まり,呼吸の生理,声帯組織の生体力学,音響学や心理学など様々な領域を網羅,科学的な理論で裏付け解説.

目次

【喉頭の基本構造】 解剖学的用語 硬組織の形態学 喉頭の筋肉 声帯軟部組織の形態学 喉頭の血管と神経支配 【声帯組織の生体力学】 音生成の材料 生体力学とは何か? 基本力学の復習 連続力学の要素 組織粘弾性の基礎 臨床的・教育的問題点 【気道における流体の流れ(呼吸)】 流体の圧力 肺のシステム 管の中の流れに対する保存の法則 呼吸における臨床的・教育的問題点 【声帯振動】 声帯振動の古典的記述 簡単な振動 振動運動の視覚的,数学的表現 声帯の自励持続振動機構 臨床的・教育的問題点 【音の生成と伝搬】 音の生成 音源の周波数スペクトル 音の伝搬 音の反射 【母音の音源・フィルタ理論】 音響管内での音波伝搬と共鳴 母音の構音と音響 母音のスペクトル分析 臨床的・教育的問題点 【声の分類と年齢変化】 形に基づいた分類 副次的要素による声の分類 声の重要な時期 臨床的・教育的問題点 【基本周波数の調節】 F0調節の概要 F0調節のカバーモデル F0調節のボディー・カバーモデル 肺圧のF0に対する影響 臨床的・教育的問題点 【声の強さと効率の調節】 いくつかの用語の定義 音の放射 内転,肺圧,F0と強さの変化 声道の変化と強さの変化 声の効率 臨床的・教育的問題点 【声区】 声区の聴覚印象 不随意な声区変換:2つの仮説 臨床的・教育的問題点 まとめ 【声のゆらぎと動揺】 いくつかの定義 ゆらぎと動揺の原因 芸術的原因 音声信号の型と物理学的尺度 臨床的・教育的問題点 【音声障害】 先天性音声障害 組織変化に伴う障害 神経筋の異常と音声障害 音声の疲労