書籍検索結果 詳細表示

書名

運動とストレス科学 ≪運動生理学シリーズ 4≫

筆頭著者

竹宮 隆・他編

その他著者等

下光/輝一

出版社名

杏林書院

ISBNコード

ISBN978-4-7644-1054-1

発行年

2003年3月

判型 / 頁数

B5判 / 336頁

分類

臨床医学系/スポーツ医学、運動器

価格

定価(本体4,800円+税)

内容

個体の生命に関わる運動現象と生命の歪みとも言われるストレスは,運動刺激を介することで機能の調和へと進むことが期待されます. 本書の「ストレス」は,ハンス・セリエの提唱によるストレス概念に由来し,セリエ自身の研究の苦境から脱出する際に発想転換の基礎となった事実と思考の体系で,病気の本態を示唆するものでもあります.本書は,長くストレス科学に関係された領域トップの専門家による分担と協力で完成することができました.健康なからだが病気に移行するストレス状態のことや元気を作り出すユウストレスの存在を知っていただければ幸いです.

目次

もくじ
I部 ストレスの基礎
1章 ハンス・セリエのストレス
2章 心理社会的ストレス ―ヒトとストレスのかかわり
3章 ストレスと神経伝達物質
4章 ストレスと遺伝子発現
5章 ストレスと視床下部・下垂体・副腎 皮質関連
6章 ストレスと自律神経機能
7章 ストレスと免疫機能
8章 ストレスと心身医学
II部 運動とストレス
9章 運動の本質とユウストレス
10章 運動とストレスタンパク質
11章 アロスタシスから見た運動ストレス と内分泌反応
12章 運動と心のストレス:運動が果たす ストレス対処効果
III部 運動環境とストレス
13章 低圧・低酸素とストレス
14章 高圧・高酸素とストレス
15章 体温調節とストレス
16章 暑熱環境とストレス
17章 寒冷環境とストレス
IV部 ストレス緩和
18章 音楽療法とストレス緩和
19章 香り刺激とストレス緩和
20章 積極的休養とストレス緩和
21章 職場におけるストレス緩和