書籍検索結果 詳細表示

書名

健康・体力のための運動生理学

筆頭著者

石河利寛・著(順天堂大学名誉教授)

出版社名

杏林書院

ISBNコード

ISBN978-4-7644-1043-5

発行年

2000年3月

判型 / 頁数

B5判 / 376頁

分類

保健・体育/体育学一般

価格

定価(本体7,000円+税)

内容

運動生理学は20世紀の前半には身体運動,とくにスポーツ活動に科学的根拠を与えるものとして重要であったが,20世紀の後半には健康の維持と増進に科学的基盤を与えるものとして重要な役割を果たしてきたと考えています.
運動生理学を理解するためにはその基礎となる生理学の知識を得ておくことが必要である.第1部で運動時の身体の動きについて器官別に記述している.東京オリンピック以降,一般人の健康体力づくりへの関心が高間たことに呼応して,運動による疾病の予防が運動生理学の重要な課題となった.これに関する研究は現在なお盛んに行われており,確立された重要な知見について第2部で取り上げています.

目次

はじめに
I部 運動とからだの働き
1章 運動生理学とその発展
2章 筋肉と運動
3章 神経系と運動
4章 呼吸と運動
5章 循環と運動
6章 エネルギー代謝と運動
7章 体温調節と運動
8章 ホルモンと運動
9章 消化吸収と運動
10章 骨と運動
II部 運動と健康・体力
11章 寿命と運動
12章 臥床・不使用の生理学
13章 体力と体力テスト
14章 からだのトレーニング
15章 老化と運動
16章 肥満と運動
17章 高血圧と運動
18章 冠動脈硬化性心疾患と運動
19章 糖尿病と運動
20章 健康・体力を保持するための運動とエネルギー所要量