書籍検索結果 詳細表示

書名

胃の病理形態学

筆頭著者

滝澤登一郎・著

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-10290-2

発行年

2003年10月

判型 / 頁数

B5判 / 200頁

分類

臨床医学系/消化器内科

価格

定価(本体15,000円+税)

内容

胃癌はどのように発生し,どのように顔つきを変えるのか? 腸上皮化生は前癌病変なのか? 線状潰瘍はどのように成立するのか? H.pylori胃炎の成因は何か? 等々,胃の形態学における従来の定説を覆し,あるいは疑問を投げかけ,新たな論点を剔抉して,胃疾患の診療に携わるすべての臨床家に“胃学よ再び興れ”と呼びかける1冊。

目次

第1章 胃の形成と胃の解剖
第2章 胃炎
第3章 胃潰瘍
第4章 胃癌
あとがき
索引