書籍検索結果 詳細表示

書名

胃X線読影を極める

筆頭著者

市川平三郎・著(国立がんセンター中央病院名誉院長)

出版社名

永井書店

ISBNコード

ISBN978-4-8159-1598-8

発行年

2001年2月

判型 / 頁数

B5判 / 182頁

分類

臨床医学系/消化器内科

価格

定価(本体6,500円+税)

内容

■著者自らの手によるスケッチをはじめ,読影法のエッセンスを凝縮してスリムにまとめられた本書は,まさに永年の経験から生み出された貴重な珠玉集といえる.
■胃X線診断の経験者にも初心者にも味わい深い必見の書であり,著者の円熟した筆致はわかりやすく,読者をして真の理解を助けるはずである.

目次

I 知っておきたい基本的なこと
 1.歴史的なこと/2.コツとはなんだ/3.読影と撮影は一体不可分/4.正常像とは何か
II 読影のコツ-一般的にいえること-
 1.“曲線の不連続”を探すこと/2.よく撮れている写真を探すということ/3.埋もれている所見を探し出すこと/4.摘出した胃のX線写真について/5.読影の実際
III 病変の発見-存在診断-
 1.四大撮影法で,癌はどうみえるのか/2.充盈像をどう読むか/3.圧迫像をどう読むか/4.粘膜皺襞像をどう読むか/5.二重造影像による病変の発見
IV 病変の診断のコツ-二重造影像を中心に-
 1.胃癌検診の効果-外来検査が大切-/2.胃癌の肉眼分類/3.まず全貌をみること/4.局所をどうみるか/5.前壁病変か後壁病変かの見分け方
V 胃潰瘍の良性悪性の鑑別
VI 症   例-基本的なもの-
VII 症   例-やや複雑なもの-
VIII X線と内視鏡とはどちらがよいか
IX スケッチは大切
X 癌の深達度診断(mかsmか)
む す び