書籍検索結果 詳細表示

書名

心電図診断基準110 (第2版)

筆頭著者

小沢友紀雄・他編著(日本大学教授)

その他著者等

斎藤 穎/斎藤友昭/谷川 直/小牧宏一/渡辺一郎/森内正人/小倉敏嗣/本江純子/鎌田智彦/矢久保修嗣/笠巻祐二/高橋義和/荒木康史/梶田潤一郎/水村恒雄/近藤一彦/小島利明/花川和也/神田章弘/福井利章/国本 聡/堀内孝一/高岩良明/中井俊子/柳川 新/渡部広美/高山忠輝/矢島純二/押川直広/中山清和/飯島 潔/杉村秀三/猿谷忠弘/進藤敦史/知久正明/正木理子/橋本賢一/布山陽子/大久保公恵/東海康太郎/島袋宏明/青木幸子/黒岩佐知子

出版社名

中外医学社

ISBNコード

ISBN978-4-498-03756-4

発行年

1998年10月

判型 / 頁数

四六倍判 / 244頁

分類

臨床医学系/循環器内科

価格

定価(本体5,700円+税)

内容

本書は心電図診断に必要な診断基準を,規範となる典型例を示して解説したものである.今回の改訂では初版以降の進歩をふまえて新たに10の基準を追加した.左頁に選びぬかれた典型例(心電図)を鮮明な2色刷で示し,右頁でまずその診断基準を,次に本例の診断,続いて鑑別診断を示し,最後の臨床指針として診断のカンドコロやまた治療の要点を簡潔に示している.心電図を学ぶ際のガイドとして,広くおすすめする.
改訂版の序

「心電図診断基準100」が出版されてからすでに9年になる.その間本書は比較的安定したペースで読者に受け入れられていたのは嬉しいことであった.
しかし,年月が過ぎ,診断技術や治療の発展とともに本書も改訂すべき時が来たと思われる.幸いにも,多くの部分が多少の修正ですんだが,項目を増やすべきと思われる部分もあり,診断基準100というきりの良い数を越えてしまうことになり,110という語呂のよいところで題名も「心電図診断基準110」とすることになった.初版の序にも述べたが,本書はそれぞれの項目の診断基準を日常診療上使っている実際的な内容にまとめることに努めている.
時は流れ,初版に参加した我が心臓研究班のメンバーも大幅に変わり,今回は新しいスタッフ達に加わって貰うことになった.
本書の改訂にあたり,関連各位のご支援に感謝するとともに,改訂の機会を与えて下さった中外医学社の青木三千雄社長および荻野邦義氏のご協力に感謝致します.

1998年7月
小沢友紀雄

目次

目 次

1.正常心電図…2
2.Normal variation…4
3.左房負荷(僧帽P・左房性P)…6
4.右房負荷(肺性P・右房性P)…8
5.両房負荷…10
6.左室肥大(圧負荷)…12
7.左室肥大(容量負荷)…14
8.右室肥大(圧負荷)…16
9.右室肥大(容量負荷)…18
10.肺性心…20
11.心膜炎(急性期)…22
12.心膜炎(亜急性期)…24
13.異常低電位差…26
14.高カリウム血症…28
15.低カリウム血症…30
16.高カルシウム血症…32
17.低カルシウム血症…34
18.洞-心室リズム…36
19.完全右脚ブロック…38
20.不完全右脚ブロック…40
21.ARVD(arrhythmogenic right ventricular dysplasia)…42
22.BRUGADA症候群…44
23.左脚ブロック…46
24.左脚前枝ブロック…48
25.左脚後枝ブロック…50
26.2枝ブロック(右脚ブロック+左脚前枝ブロック)…52
27.2枝ブロック(右脚ブロック+左脚後枝ブロック)…54
28.WPW症候群(A型)…56
29.WPW症候群(B型)…58
30.WPW症候群(C型)…60
31.LGL症候群…62
32.心筋梗塞(極早期)…64
33.心筋梗塞(急性期)…66
34.陳旧性心筋梗塞…68
35.前壁中隔梗塞…70
36.広範囲前壁梗塞…72
37.高位側壁梗塞…74
38.下壁梗塞…76
39.高位後壁梗塞…78
40.右室梗塞…80
41.非Q波心筋梗塞…82
42.労作性狭心症(発作中)…84
43.異型狭心症(発作中)…86
44.ジギタリス効果(ST-T)…88
45.巨大陰性T波…90
46.ST alternans…92
47.非特異性ST-T変化…94
48.陰性U波…96
49.洞性頻脈…98
50.洞性徐脈…100
51.洞性不整脈…102
52.ペースメーカー移動…104
53.洞停止…106
54.洞房ブロック…108
55.徐脈頻脈症候群…110
56.上室性期外収縮…112
57.心室内変行伝導を伴う上室性期外収縮…114
58.心室に伝導されない上室性期外収縮…116
59.房室接合部性(上室性異所性)調律…118
60.補充調律(房室接合部性)…120
61.心室性補充収縮…122
62.補充収縮による2段脈…124
63.多源性心房頻拍…126
64.心房細動…128
65.心房粗動(通常型)…130
66.心房粗動(非通常型)…132
67.発作性上室性頻拍…134
68.ブロックを伴う発作性上室性頻拍…136
69.WPW症候群の発作性心房細動…138
70.頻脈性心房細動…140
71.徐脈性心房細動…142
72.心室性期外収縮(代償性)…144
73.心室性期外収縮(間入性)…146
74.心室性期外収縮(頻発性)…148
75.心室性期外収縮(多形性)…150
76.心室性期外収縮(2連発)…152
77.心室性期外収縮(short run)…154
78.心室性期外収縮(R on T)…156
79.心室性期外収縮(2段脈)…158
80.心室性期外収縮(3段脈)…160
81.心房への逆伝導を伴う心室性期外収縮…162
82.心室頻拍…164
83.特発性心室頻拍…166
84.反復性単形心室頻拍…168
85.2方向性心室頻拍…170
86.促進固有心室調律…172
87.心室性副収縮…174
88.心室細動…176
89.Torsades de Pointes…178
90.心室停止…180
91.第1度房室ブロック…182
92.WENCKEBACH型房室ブロック…184
93.MOBITZII型房室ブロック…186
94.MOBITZII型とまちがえやすい
         WENCKEBACH型房室ブロック…188
95.完全房室ブロック(ADAMS-STOKES発作のないもの)…190
96.2:1房室ブロック…192
97.心臓停止…194
98.完全房室ブロック(著明な徐脈のあるもの)…196
99.房室干渉解離…198
100.完全房室ブロックを伴う心房細動…200
101.心室ペーシング…202
102.心房ペーシング…204
103.心房心室順次ペーシング…206
104.単極ペーシングと双極ペーシング…208
105.デマンド型ペーシング…210
106.ペーシング不全…212
107.センシング不全…214
108.QT延長症候群 …216
109.右胸心…218
110.低体温の心電図…220

付1.トレッドミル運動負荷試験陽性…222
付2.マスター2階段運動負荷試験陽性…224
付3.エルゴメーター運動負荷試験陽性…226
付4-1.アーチファクト…228
付4-2.左右誘導コードのつけまちがい…230

付 録…232
索 引…241