書籍検索結果 詳細表示

書名

間質性肺疾患診療ガイドライン ≪米国胸部学会ガイドライン≫

筆頭著者

長井苑子・他監訳

その他著者等

泉 孝英 監訳

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-10280-3

発行年

2003年5月

判型 / 頁数

B5判 / 176頁

分類

臨床医学系/呼吸器内科

価格

定価(本体5,000円+税)

内容

間質性肺疾患は,病態・原因とも多様で,疾患概念もまだ整理されているとは言い難い。本書は,そのなかでも代表的な疾患であるサルコイドーシス,特発性間質性肺炎,特発性肺線維症の3つについてAm J Respir Crit Care Med誌に掲載された米国胸部学会(ATS)の公式報告をまとめた最新のガイドラインである。

目次

I. サルコイドーシス
 A 定義
 B 歴史
 C 疫学
 D 病因・病態生理
 E 病理
 F 臨床症状と臓器病変
 G 診断
 H 経過
 I 治療
II. 特発性間質性肺炎の診断指針
 A はじめに
 B 特発性間質性肺炎(IIP)分類変更の理由
 C 特発性間質性肺炎(IIP)の新しい分類
 D 特発性間質性肺炎(IIP)患者の評価の基本
 E 特発性肺線維症(IPF)
 F 非特異型間質性肺炎(NSIP)
 G 特発性器質化肺炎(COP)
 H 急性間質性肺炎(AIP)
 I 呼吸細気管支炎関連間質性肺疾患(RBILD)
 J 剥離性間質性肺炎(DIP)
 K リンパ球性間質性肺炎(LIP)
III. 特発性肺線維症の診断と治療
 A 定義
 B 疫学
 C 危険因子
 D 診断
 E 治療
 F 病期と予後の評価
 G 治療に関する指針
 H 現状での問題点と将来の課題
資料1 サルコイドーシスの概念・定義の変遷
資料2 特発性間質性肺炎分類の歴史
資料3 米国胸部学会による間質性肺疾患ガイドライン作成まで(1991~2000)
索引