書籍検索結果 詳細表示

書名

老年期の心身医学

筆頭著者

筒井末春・監

その他著者等

著者:木下 敦(府中恵仁会病院心療内科部長)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-433-2

発行年

2001年2月

判型 / 頁数

A5判 / 132頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/心身医学・臨床心理学

価格

定価(本体2,900円+税)

内容

高齢化社会が進み,医療機関に受診する老年期患者の数も増え続けている。加えて現代社会はこれら高齢者に対して優しくなく,社会的にも経済的にもストレス過剰である。ほとんどの高齢者がさまざまな喪失体験を有しており,性格的要因と複合して精神的不安定状態をきたしている。
老年期のヘルスケアやターミナル期の患者への心身医学的アプローチ,またQOLに配慮した医療・福祉の実践が重要視される現在,本書はすべての臨床家にとって一読に値する。

目次

第1章 老年期の医療
第2章 老年期の心身不安定について
第3章 老化現象と心身症
第4章 老年期の身体的特徴
第5章 老年期の生理機能の変化
 1.末梢神経系
 2.自律神経系
 3.中枢神経系活動
 4.精神機能の変化
第6章 老年期の精神的ストレス
第7章 老年期に多い身体的愁訴
 1.神経系とみられる愁訴
 2.循環器系、呼吸器系とみられる愁訴
 3.消化器系と思われる愁訴
 4.泌尿器、婦人科系疾患を疑う愁訴
 5.特定の機能系症状とは考えられない愁訴
 6.睡眠障害
第8章 老年期に多い精神的愁訴
 1.老年期のうつ・不安
 2.うつ患者の見分け方
 3.老年期うつ状態~うつ病
 4.老年期うつ状態の臨床的特徴
 5.仮面うつ病
 6.老年期仮面うつ病が疑われる症状
第9章 老年期循環器疾患と心身症、うつ症状
 1.高血圧症
 2.虚血性心疾患
 3.老年期の不整脈
第10章 老年期消化器疾患と心身医学的対応
 1.逆流性食道炎
 2.胃潰瘍・十二指腸潰瘍
 3.老年期大腸疾患と心身医学的対応
第11章 老年期脳血管障害とうつ状態
 1.脳血管障害後のうつ状態
 2.うつ状態と潜在性脳梗塞