書籍検索結果 詳細表示

書名

司法精神医学・精神鑑定 ≪臨床精神医学講座 19≫

筆頭著者

風祭 元・他編

出版社名

中山書店

ISBNコード

ISBN978-4-521-49101-1

発行年

1998年8月

判型 / 頁数

B5判 / 454頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体29,000円+税)

内容

本書は,精神障害と犯罪との関係ならびにその責任能力について詳述.さらに精神鑑定の実際を紹介するほか,拘禁反応,被害者学,宗教犯罪などのトピックスについても解説.

目次

■司法精神医学の概念と歴史
■触法精神障害者の責任能力
1. 責任能力の法的基礎
2. 責任能力の精神医学的基礎
■民事精神鑑定と行為能力
■精神鑑定の実際
1. 精神鑑定の意義と手続き
2. 精神鑑定の実際と鑑定書
3. 精神鑑定の現状と問題点
■精神障害と犯罪
1.精神分裂病
2. パラノイア,非定型精神病
3. 気分障害
4. 脳器質疾患
5. アルコール関連精神障害
6. 覚醒剤関連精神障害
7. 各種の物質乱用
8. 精神遅滞
9. 異常性格
10. 神経症と心因性精神障害
11. 性倒錯
12. 発作性精神障害
■犯罪の生物学的側面
1. 犯罪と遺伝
2. 早期脳障害と犯罪
3. 染色体異常と犯罪
4. 司法精神鑑定における身体医学的検査とその評価
5. 司法精神鑑定における心理検査
■各種犯罪の心理社会的側面
1. 主要刑法犯--殺人・放火・強姦の心理
2. 少年非行
3. 高齢期の犯罪
4. 女性犯罪
5. 交通犯罪
■司法精神医学のトピックス
1. 拘禁反応
2. 精神障害者の再犯とその予測
3. 被害者学
4. 宗教病理と犯罪
5. 外国人精神障害者の犯罪
6. 精神分析学からみた犯罪
7. 触法精神障害者の処遇--その現状と問題点
8. 犯罪と精神保健行政--戦後の動向