書籍検索結果 詳細表示

書名

児童青年期精神障害 ≪臨床精神医学講座 11≫

筆頭著者

山崎晃資・他編

出版社名

中山書店

ISBNコード

ISBN978-4-521-49091-5

発行年

1998年7月

判型 / 頁数

B5判 / 498頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体29,800円+税)

内容

日常頻発する様々な社会問題を含め,児童青年期に生じる特有な精神障害・症状をとりあげ,その成因から治療法,予防法にいたるまで,具体的かつわかりやすく解説.

目次

■総論
1. 児童青年期精神医学の歴史と特徴 花田雅憲
2. 児童青年期精神障害の診断と治療 山崎晃資
■発達障害
1. 精神遅滞 中島洋子
2. 自閉症
 A. 乳幼児期 山崎晃資
 B. 児童期 小林隆児
 C. 青年期,成人期 杉山登志郎
3. 小児期崩壊性障害 栗田 廣
4. 学習障害 花田雅憲
5. 発達性言語障害 林 雅次
6. 多動性障害(注意欠陥障害) 白瀧貞昭
■神経症性障害
1. 習癖異常 設楽雅代
2. チック・Tourette症候群 太田昌孝
3. 子どもの心身症 村山隆志
4. 摂食障害 松田文雄
5. 転換性障害(ヒステリー) 森岡由起子・生地 新
6. 睡眠障害 星野仁彦
7. 緘黙・吃音 田中 哲
8. 強迫性障害 竹内直樹
9. 行為障害(非行) 大井正己・舟橋龍秀
10. 子どもの自殺 清水將之・岩田卓也
11. 子どもの外傷後ストレス障害 井出 浩
■人格形成の問題
1. 境界例児童 青木省三・鈴木啓嗣
2. 思春期境界例 藤山直樹
3. ジェンダー・アイデンティティの障害 郭 麗月
■精神病性障害
1. 児童期分裂病 本城秀次
2. 思春期妄想症 近藤三男
3. 児童期の感情障害 石坂好樹
■家庭および地域社会における情緒的問題
1. 母子関係障害 渡辺久子
2. 児童虐待 岩田泰子
3. 家庭内暴力 齊藤万比古
■学校精神保健
1. 不登校 堤 啓
2. いじめ・校内暴力をめぐって 山家 均
3. 学校精神保健 北村陽英
■リエゾン
1. 児童期リエゾン精神医学 佐藤喜一郎
2. 地域精神保健 加藤由起子・猪股丈二
■その他
1. 帰国子女のこころの問題 上林靖子
2. 子どものターミナル・ケア 宮本信也
3. 子どもの人権 門 眞一郎
■子どもの治療
1. 子どもの精神療法 小倉 清
2. 小児精神医学と薬物療法 市川宏伸
3. 子どもの入院治療 佐藤泰三