書籍検索結果 詳細表示

書名

てんかん ≪臨床精神医学講座 9≫

筆頭著者

鈴木二郎・他編

出版社名

中山書店

ISBNコード

ISBN978-4-521-49111-0

発行年

1998年9月

判型 / 頁数

B5判 / 600頁

分類

臨床医学系/精神神経科学/精神医学

価格

定価(本体32,000円+税)

内容

脳波学や分子生物学などの進歩に伴い,てんかんの診断や治療もより一層精緻な対応が迫られている.本書は,患者の抱える生活上の諸問題を含め,臨床の実際を総合的に解説.

目次

■てんかん概説
1.てんかんの歴史
2.てんかんの概念,定義
■てんかん発作
1.てんかん発作の国際分類
2.てんかん発作の診断と鑑別
 A.てんかん発作の診断
  1.問診と脳波による診断
  2.画像診断
  3.発作波捕捉法--長時間モニター,深部脳波,MEG
 B.てんかん発作の鑑別診断
  1.偽発作
  2.てんかん発作近縁疾患
3.てんかん発作の治療
 A.てんかん発作の薬物治療
  1.抗てんかん薬の概要(種類,作用)
  2.抗てんかん薬の作用機序
  3.治療の実際/抗てんかん薬の血中濃度
  4.難治発作の治療
  5.発作重積(延)状態とその治療
  6.抗てんかん薬の副作用
 B.てんかん発作の外科治療
 C.その他の治療
4.てんかんの治療経過と予後
■てんかん類型と疫学
1. てんかん類型とその特徴
 A.てんかん類型とは
 B.脳局在関連てんかん
  1.側頭葉てんかん
  2.前頭葉てんかん
  3.頭頂葉・後頭葉てんかん
 C.全般てんかん
 D.特異てんかん症候群
 E.特殊なてんかん症候群
 F.乳幼児期,児童期のてんかん
 G.成年期,老年期のてんかん
2.てんかんの疫学
■てんかんの病因と発作発現機序
1. てんかんの病因
2. 症候性てんかんとその同定
3. てんかん発作発現の機序
 A.実験てんかん概説
 B.生理学的側面
 C.生化学および分子生物学的側面
 D.形態学的側面
4. 誘発因子からみた発作発現機序
 A.発作誘発因子
 B.感覚誘発発作
 C.認知誘発発作
■てんかんの精神医学的問題とその治療
1 総論--てんかんと精神医学
2. てんかんと精神症状
 A.挿間性精神症状
 B.持続性精神症状
 C.神経症様状態
 D.幻覚妄想状態
 E.行動,人格,性格の変化
 F.てんかん者の人間学的精神病理学
3. てんかん者の抱える諸問題とその対応
 A.総論
 B.てんかんに伴う脳器質障害,脳機能障害
 C.てんかんに伴う心理・社会的問題
  1.てんかんに伴う心理的問題
  2.てんかんに伴う社会的問題
   〔I〕養育・教育
   〔II〕就労・運転・欠格事由
   〔III〕結婚・妊娠・出産
 D.てんかんの包括治療