書籍検索結果 詳細表示

書名

痴呆の症候学 ―[ハイブリッドCD-ROM付] ≪神経心理学コレクション≫

筆頭著者

田邉敬貴・著

その他著者等

山鳥 重 シリーズ編集/彦坂 興秀 シリーズ編集/河村 満 シリーズ編集/田邉 敬貴 シリーズ編集

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-11848-4

発行年

2000年10月

判型 / 頁数

A5判 / 116頁

分類

臨床医学系/脳神経・神経内科学

価格

定価(本体4,300円+税)

内容

痴呆の臨床は、その多彩な病態と複雑な対応の仕方によって現在、重大な岐路に立たされている。本書は、長年の著者の経験に基づいて、アルツハイマー病とピック病の鑑別を中心に、その症候を分かりやすく説明するとともに、CD-ROMを供覧して症候の本質を提示する。高齢化とともに増大する痴呆を学ぶ人にとって、願ってもない贈り物といえる。

目次

第1章 なぜ今,痴呆の症候学か
第2章 症候学理解のための機能解剖学
第3章 脳機能の解体は言動に反映される
第4章 三位一体の脳からみた痴呆の異常行動
第5章 アルツハイマー病の症候学
第6章 ピック病の症候学
第7章 痴呆のケア
第8章 薬物療法と看護・介護
第9章 おわりに
総説文献
付録:痴呆の症例集(CD-ROM解説集)