書籍検索結果 詳細表示

書名

小生理学 (第4版)

筆頭著者

本間研一・他著

出版社名

南山堂

ISBNコード

ISBN978-4-525-12064-1

発行年

1999年1月

判型 / 頁数

A5判 / 388頁

分類

基礎医学系/生理学

価格

定価(本体5,400円+税)

内容

医科生理学の入門教科書.医学生にとって必要最小限の知識を,図表を多数用いながら,わかりやすく解説されている.改訂4版では前版の内容を踏襲しながら,読者対象をさらに看護学生,コメディカル学生へと拡げ,より親しみやすさを強調した.ノート代わりにもなる必携の1冊.

目次

生理学とは何か
1.細胞の構造と機能
 1.細胞内小器官
 2.生体膜
 3.遺伝子の発現と蛋白合成
 4.細胞内の情報伝達
2.体液と電解質
 1.体液の分布と組成
 2.膜を通しての物質の移動
 3.体液量および体液組成の調節
 4.水素イオン濃度の調節
3.尿の生成と排出
 1.腎臓の構造
 2.糸球体における血液濾過
 3.尿細管における物質の再吸収と分泌
 4.膀胱機能
4.血 液
 1.血 漿
 2.赤血球
 3.白血球
 4.血小板
 5.血液凝固と繊維素溶解現象
5.呼吸とガス交換
 1.換 気
 2.ガス交換
 3.呼吸調節
6.心臓と血液循環
 1.心臓の構造
 2.心臓の電気活動
 3.心臓のポンプ機能
 4.心臓機能の調節
 5.心電図
 6.血液循環の原理
 7.血液循環の調節
7.消化と吸収
 1.消化管運動
 2.消化液の分泌
 3.消化管ホルモン
 4.消化管における吸収
8.生体と環境
 1.エネルギー代謝
 2.体温調節
 3.生体リズムと睡眠
9.内分泌とホルモン
 1.ホルモン
 2.内分泌系と神経系の相関
 3.下垂体
 4.甲状腺と副甲状腺
 5.副 腎
 6.膵 島(ランゲルハンス島)
 7.成長と発育
 8.性 腺
 9.松果体
10.性の分化と生殖
1.性の決定と分化
 2.思春期
 3.生 殖
 4.更年期
11.神経系における興奮の伝導
 1.神経系の必要性
 2.神経系の校正要素
 3.興奮の発生
 4.興奮の伝導
 5.活動電位の特徴と情報伝達
 6.活動電位の伝導ブロック
 7.軸索内輸送
12.シナプスにおける興奮の伝達
 1.シナプスにおける信号変換
 2.神経伝達物質の放出とCa2+
 3.シナプス遅延
 4.興奮性シナプス後電位
 5.神経筋接合部
 6.抑制性シナプス後電位
 7.セカンドメッセンジャーを介するシナプス伝達
 8.シナプス前抑制
 9.電気シナプス
 10.シナプスにおける統合作用と神経回路
 11.シナプス伝達の可塑性変化
13.神経系の解剖学的分類と機能的分類
 1.中枢神経系と末梢神経系
 2.自律神経系と体性神経系
 3.神経系の機能発現と反射
 4.反射回路と脊髄・脳幹
14.自律神経系
 1.交感神経系
 2.副交感神経系
 3.内臓求心性線維
 4.自律神経系の特徴
 5.自律神経系の伝達物質
 6.自律神経系の受容体
 7.自律神経系と上位中枢
15.感覚系
 1.感覚系を理解するための基礎事項
 2.体性感覚
 3.内蔵感覚
 4.視 覚
 5.前庭感覚
 6.聴 覚
 7.味 覚
 8.嗅 覚
16.運動系
 1.運動制御の基本概念
 2.筋
 3.脊髄と運動
 4.脳幹と運動
 5.大脳皮質と運動機能局在
 6.大脳基底核,視床と運動制御
 7.小脳と運動制御
 8.眼球運動系
17.高次脳機能
 1.学習と記憶
 2.高次脳機能の障害と連合野の機能
 3.言語中枢