書籍検索結果 詳細表示

書名

リザーバー療法

筆頭著者

リザーバー研究会・編

出版社名

南江堂

ISBNコード

ISBN978-4-524-22454-8

発行年

2003年12月

判型 / 頁数

B5判 / 234頁

分類

臨床医学系/がん治療・緩和ケア

価格

定価(本体8,000円+税)

内容

リザーバーを用いた治療は多くの場合,根治的外科手術ができない再発,転移などの病巣をもった患者が対象であり,多くの施設で有用性と有効性が実証されている.リザーバーを用いた局所化学療法の診療現場での問題点を解決すべく討議を重ねてきた研究会の成果を呈示し,周辺の問題,インフォームドコンセント,臨床試験,診療報酬についても基本的な考え方を解説.

目次

【主要目次】
1.リザーバーとは
 A.リザーバーの概念
 B.歴史と現状
 C.局所化学療法の薬理学的背景
 D.腹腔内化学療法時の薬物動態

2.技術
 A.総論
 B.血管/腹腔へのアクセス
  B-1)動脈系
  B-2)静脈系
  B-3)腹腔
 C.各領域における技術
  C-1)肝動注化学療法
  C-2)骨盤内動注化学療法
  C-3)腹腔内化学療法
 D.メンテナンス
 E.薬剤分布評価
  E-1)DSA,CTA,MRA,RI

3.治療の実際
 A.肝動注化学療法
  A-1)転移性肝癌
  A-2)原発性肝癌
 B.骨盤内化学療法
 C.腹腔内化学療法

4.特殊な領域(技術,成績)
 1. 腹腔動脈領域
 2. 門脈領域(門注療法)
 3. 整形外科領域
 4. 頭頸部領域
 5. 中心静脈アクセス

5.応用編-種々の問題に対する考え方-
 1. 肝外病変(原発巣を含む)を有する症例に対する肝動注化学療法
 2. 大腸癌肝転移切除後の予防的肝動注療法
 3. 肝機能高度障害例における肝動注化学療法
 4. 治療中断を考慮すべき場合と対処
 5. 治療終了の目安
 6. neoadjuvantとしての動注化学療法
 7. 側孔型カテーテルの必要性
 8. NBC-リピオドールの必要性
 9. 他治療(EMS,RT)との併用
 10. 肝動注化学療法と全身化学療法との併用
 11. 転位右肝動脈への一本化の是非
 12. 血流改変術とカテーテル留置
 13. 外来,在宅治療における工夫
 14. カテーテル抜去の必要性と方法
 15. インフォームドコンセントとクリニカルパス

6.実地医療と臨床研究
 A.癌医療における実地医療と臨床研究の考え方
 B.リザーバー領域の臨床試験の歴史と現状
 C.実地医療における問題点
 D.臨床研究課題

付録:現行のリザーバー関連の診療報酬