書籍検索結果 詳細表示

書名

臨床研修救急一直線

筆頭著者

丸藤 哲・編

出版社名

南江堂

ISBNコード

ISBN978-4-524-22445-6

発行年

2003年5月

判型 / 頁数

B5判 / 270頁

分類

臨床医学系/救急医学

価格

定価(本体5,700円+税)

内容

救急の研修は,卒前教育体制が十分でないうえに,卒後においても各施設で十分な指導と適切な対応がとられていないのが現状といえる.本書では「初期救急から三次救急」というわが国独特なシステムと役割を解説し,研修医に必須の現場での実際の対処法を初期,二次,三次救急に分けてまとめた.心肺蘇生法,基本処置,症状への対処,臓器管理,外傷処置・管理から,中毒,脳死まで紹介.研修医の学習・教育に役立つだけでなく,研修先の病院でも頼りになる一冊.

目次

【主要目次】
第1章 総論
 A.救急医療,救急医学
 B.救急体制(システム)
 C.救急診断学
 D.救急医療と医事法制
第2章 救急蘇生法
 (1)心肺脳蘇生法
 (2)救急薬品の使用法
 (3)ショック
第3章 救急の基本処置
 (1)外科的処置
 (2)中枢神経
 (3)呼吸器系の処置
 (4)循環器系の処置
 (5)消化器・腹部の処置
 (6)その他
第4章 救急医療機器の使用
 (1)人工呼吸器,人工呼吸法
 (2)血液浄化器,血液浄化法
 (3)IABP,PCPS,Pacing
 (4)麻酔器
第5章 主要症状と診断・対処法
 (1)意識障害
 (2)頭痛
 (3)胸痛
 (4)腹痛
 (5)呼吸困難
 (6)吐血,下血,喀血
 (7)動悸,不整脈
 (8)痙攣
 (9)眩暈,発熱,乏尿
第6章 急性臓器不全の管理
 (1)頭蓋内圧亢進
 (2)心不全,急性冠症候群
 (3)呼吸不全,ARDS
 (4)肝不全
 (5)腎不全
 (6)出血傾向,DIC
 (7)SIRS/Sepsis/MODS
第7章 外傷の管理
 (1)頭部外傷
 (2)胸部外傷
 (3)腹部外傷
 (4)脊椎・脊髄・四肢外傷
 (5)骨盤骨折
 (6)多発外傷
第8章 熱傷の管理
 (1)広範囲熱傷
 (2)気道熱傷
 (3)電撃症
第9章 中毒の基本処置
 A.中毒か否かの診断
 B.中毒物質の同定
 C.重症度判定
 D.試料採取と保存法
 E.未吸収物質の排除
 F.既吸収物質の排除
 G.解毒薬,拮抗薬とキレート剤
 H.全身状態の管理
 I.精神面のサポート
第10章 その他の救急疾患
 (1)環境異常
 (2)刺咬症
 (3)溺水
 (4)気圧外傷
第11章 集中治療管理
 (1)水分,電解質,血液ガス
 (2)感染と抗生物質
 (3)栄養管理
 (4)鎮静・鎮痛
第12章 重症度評価
 A.重症度評価および予後予測の意義と必要性
 B.一般的な重症度の評価
 C.重症患者の重症度評価
第13章 脳死
 1.脳死と法律
 2.脳死判定法