書籍検索結果 詳細表示

書名

総合外来 初診の心得21か条 ≪総合診療ブックス≫

筆頭著者

福井次矢・他監

その他著者等

小泉 俊三 監修/伴 信太郎 監修/松村 真司 編集/北西 史直 編集/川畑 雅照 編集

出版社名

医学書院

ISBNコード

ISBN978-4-260-10253-7

発行年

2002年4月

判型 / 頁数

A5判 / 316頁

分類

臨床医学系/総合診療

価格

定価(本体4,000円+税)

内容

病院や診療所の外来担当医,研修医,高学年医学生に向けて,さまざまな訴えや問題を抱えて訪れる患者に対応する総合外来での初診の心得を21か条にまとめた。初診という時間軸を強調し,面接,診察から初期診療の進め方,さらにコンサルトのしかたまでの要点をプラクティカルに解説。

目次

ベストプラクティス
 総合外来 初診のアプローチ10
総合外来 初診の心得
 第1条 面接法
 第2条 診察方法
 第3条 問題解決法を極めよう
 第4条 こころの問題
 第5条 せき,のど,はな(上気道炎症状)
 第6条 熱が出る
 第7条 かゆい,発疹が出た
 第8条 腰が痛い,肩がこる
 第9条 おなかが痛い,おなかが重い
 第10条 目が回る,ふらつく
 第11条 胸が苦しい,痛い
 第12条 手足がしびれる
 第13条 眠れない
 第14条 体がだるい
 第15条 頭が痛い
 第16条 動悸がする
 第17条 便秘,下痢
 第18条 吐き気,食欲がない,なぜかやせた
 第19条 尿が近い,出にくい,もれる
 第20条 手足がむくむ
 第21条 リンパ節が触れる
Appendix 1
 総合外来の場を把握するための10の質問
 資料:1. 総合診療研究会の設立趣意書
    2. 総合診療の理念
Appendix 2
 総合外来での皮膚所見の診かた