書籍検索結果 詳細表示

書名

痙性斜頸 ―各科の治療の実際

筆頭著者

柏瀬宏隆・編著(長谷川病院院長)

出版社名

新興医学出版社

ISBNコード

ISBN978-4-88002-448-6

発行年

2002年3月

判型 / 頁数

A5判 / 200頁

価格

定価(本体4,000円+税)

内容

現在、「痙性斜頸」の治療は、各科によって治療方法があまりにも異なっている。その治療方法の隔たりの大きさには驚くばかりである。
本書は、そのような現実を踏まえ、「痙性斜頸」の各科の治療方法を解説したものである。
本書により、それぞれの科の適応と限界を把握し、「痙性斜頸」を治療するにあたり、適切な治療方法が選択されることを願い編集された好著。

目次

「総論」
定義・原因/診断/その他(脳血流など)/痙性斜頸の脳血流所見うつ病との合併
「各論」
1.臨床心理の立場から/治療方法/症例/治療結果/考察/まとめ
2.心療内科の立場から/薬物療法/自律訓練法/「筋電図バイオフィードバック療法」と「森田療法的アプローチ」/臨床動作法
3.精神科の立場から/痙性斜頸の3分類/痙性斜頸の発現機序と器官選択/痙性斜頸の治療/症例の提示
4.神経内科の立場から/内服薬/ボツリヌス毒素/Muscle Afferent Block(MAB)療法/鍼治療/リハビリテーション/治療法の優劣
5.脳神経外科の立場から/外科的治療の適応/外科的治療の種類と歴史的背景/外科的治療におけるinformed-consent/末梢神経遮断の実際/定位脳手術/硬膜内手術/脊髄硬膜外刺激