書籍検索結果 詳細表示

書名

解剖実習の手びき (第11版)

筆頭著者

寺田春水・他著(北里大学名誉教授)

その他著者等

藤田恒夫

出版社名

南山堂

ISBNコード

ISBN978-4-525-10311-8

発行年

2004年2月

判型 / 頁数

B5判 / 430頁

分類

基礎医学系/解剖学

価格

定価(本体7,300円+税)

内容

定評の解剖学実習書.豊富な図と説明的な図によって,実習のポイントをつかみやすい.構造の概念や解剖の手順をより懇切に解説してある.また,近年 実習時間の短縮にともない,その補習にも役立つように,解説をより詳しくした.

目次

実習の進めかた
実習に必要なもの

くびと体幹の浅層
  § 1 くび・胸・腹部の体表観察と皮切り
  § 2 広頚筋と乳腺
  § 3 胸腹部の皮静脈と皮神経
  § 4 大胸筋と外腹斜筋
  § 5 頚神経叢の枝と胸鎖乳突筋
  § 6 背なかの皮切り
  § 7 背なかの浅筋
  § 8 くびのやや深層
  § 9 胸部の深層と腋窩
  § 10 鎖骨下動静脈と その枝

上  肢
  § 11 うでの皮切りと腕神経叢
  § 12 上腕屈側の筋と神経
  § 13 肩甲骨の前面の筋
  § 14 上腕伸側と肩甲骨背面の筋
  § 15 上肢の切り離し
  § 16 前腕屈側の浅い層
  § 17 前腕の伸側と手背
  § 18 手のひらの皮切りと手掌腱膜
  § 19 手のひらの浅い層
  § 20 手の深い層
  § 21 上肢の血管と神経のまとめ
  § 22 肩の関節と その周辺
  § 23 ひじの関節
  § 24 手くびの関節
  § 25 手と指の関節

体  壁
  § 26 胸腰筋膜と固有背筋
  § 27 後頭下の筋
  § 28 脊  髄
  § 29 胸  壁
  § 30 鼡径部と側腹筋群
  § 31 腹直筋鞘
  § 32 横筋筋膜と腹膜
  § 33 【臍】
  § 34 腹部内臓の 自然位での観察

胸  腔
  § 35 胸腔を開く
  § 36 胸膜と心膜
  § 37 肺
  § 38 くびの根もとの深層
  § 39 縦  隔
  § 40 心臓の外景
  § 41 心臓の内景
  § 42 縦隔の深部

腹  腔
  § 43 腹部内臓の位置
  § 44 腹膜と腹膜腔
  § 45 腹部内臓に分布する血管と神経
  § 46 空腸と回腸と結腸
  § 47 胃
  § 48 肝  臓
  § 49 十二指腸・膵臓・脾臓
  § 50 腎臓と副腎
  § 51 後胸壁と後腹壁
  § 52 横隔膜と腰神経叢

下  肢
  § 53 下肢の皮静脈と皮神経
  § 54 大【腿】筋膜と大殿筋
  § 55 大【腿】前面の深層
  § 56 殿部の深層
  § 57 大【腿】後面の深層

  § 58 膝窩と下【腿】後面
  § 59 下【腿】の前面と足背
  § 60 足  底
  § 61 下【腿】の最深層
  § 62 膝の関節
  § 63 足の関節

骨  盤
  § 64 膀胱と その周辺
  § 65m 男性の外陰部と精巣
  § 65f 女性の外陰部
  § 66m 男性の会陰
  § 66f 女性の会陰
  § 67 骨盤の切半
  § 68m 男性の骨盤内臓の位置
  § 68f 女性の骨盤内臓の位置
  § 69 骨盤の血管と神経
  § 70m 男性の骨盤内臓
  § 70f 女性の骨盤内臓
  § 71 骨盤壁の筋と股関節

あ た ま
  § 72 くび の深層
  § 73 顔の浅層
  § 74 咽  頭
  § 75 甲状腺と気管
  § 76 喉  頭
  § 77 脳 出 し
  § 78 頭蓋の内面
  § 79 あたまの切半と口腔
  § 80 鼻腔と咽頭鼻部
  § 81 咀嚼筋と下顎管
  § 82 顎関節と側頭下窩
  § 83 舌と口蓋
  § 84 副鼻腔と翼口蓋神経節
  § 85 眼球を前から見る
  § 86 眼窩の内容
  § 87 眼球など
  § 88 舌下神経管と頚静脈孔
  § 89 外耳と中耳
  § 90 内  耳
  § 91 翼突管と頚動脈管と耳神経節


  § 92 脳の概観
  § 93 脳クモ膜と脳軟膜
  § 94 脳の血管
  § 95 脳神経の根
  § 96 脳幹の外面
  § 97 小  脳
  § 98 第4脳室
  § 99 延髄と橋
  § 100 脳幹と小脳の横断面
  § 101 大脳の切半と第3脳室
  § 102 大脳皮質
  § 103 嗅脳と その付近
  § 104 大脳の連合線維と レンズ核
  § 105 側脳室と尾状核
  § 106 間  脳
  § 107 大脳と間脳の断面